お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 ヘアスタイル

ドライヤーは面倒! 自然乾燥でも髪に優しく仕上げる方法が知りたい

齊藤あき(美容師・毛髪診断士・美養研究家)

お風呂上がりにドライヤーで髪を乾かすのは、誰でも面倒に感じるもの。それに、ドライヤーの熱で髪が傷まないか不安を覚えることもありますよね。自然乾燥なら、手間もかからず乾かせるので、できれば自然乾燥を取り入れたいと思っている方も多いはず。そこで、毛髪診断士の齊藤あきさんに、髪を自然乾燥させるメリットやデメリット、髪に優しい乾かし方などについて聞きました。

■髪は自然乾燥でも大丈夫?

自然乾燥といえば、ドライヤーで乾かすのと比べて、とにかくラクなイメージがありますよね。疲れていると、ドライヤーで乾かさずにそのまま寝てしまう、なんて人も意外と多いかもしれません。でも、髪にとって自然乾燥は本当に大丈夫なのでしょうか。まずは、髪を自然乾燥させるメリットとデメリットについて理解しましょう。

◇髪を自然乾燥させるメリット

自然乾燥のメリットといえば、時間や手間をかけずに髪を乾かせること。誰もが一番に思いつくのは、そんな手軽さの面かもしれません。もちろんメリットはそれだけではありません。髪は、熱や摩擦に弱いという特徴があります。そのため、自然乾燥なら、ドライヤーによる熱や、乾かす際の摩擦を受けずに済むことができます。乾かしすぎは頭皮の乾燥にもつながるため、自然乾燥は、ドライヤーによるさまざまなダメージから髪や頭皮を守るメリットがあると言えるでしょう。

◇髪を自然乾燥させるデメリット

自然乾燥のメリットについて知ると、「それなら、自然乾燥の方がラクだから、もうドライヤーを使わなくてもいいかも」と思うかもしれません。しかし、反対に自然乾燥にはデメリットも多いんです。主なデメリットは以下の3つ。

☆キューティクルが開いたままになり、パサつきやすい

髪の見た目の美しさは、キューティクルで決まります。キューティクルとは、髪の表面にうろこ状に重なっているもの。髪の内部にある水分やたんぱく質が流れないよう、保護しているんです。しかし、髪が濡れるとこのキューティクルは開く性質があります。そのため、自然乾燥で濡れたまま放置していると、キューティクルが開きっぱなしになってしまい、髪が乾くとともに内部の水分も蒸散。その結果、髪がパサつき、カラーリングをしている髪なら色も抜けやすくなってしまうんです。

☆湿った頭皮は雑菌が繁殖しやすい

また、自然乾燥で頭皮が湿った状態を続けると、雑菌が繁殖しやすくなります。髪の毛は、ひとりあたり約10万本生えていて、頭皮に密集しています。そのため、自然乾燥では、髪の根元が乾きづらく、雑菌が繁殖しやすい状態になってしまうんです。そうすると、せっかく髪を洗っても、ベタつきやすくなり、ニオイやかゆみの原因に。特に、後頭部や襟足は乾きづらいので、そのまま寝るのはオススメできません。

☆頭皮の温度が下がって、冷えの原因に

さらに、自然乾燥で髪全体を濡れたまま放置すると、頭皮の表面温度が下がります。温度が下がると、血流が悪くなるので、髪に栄養も届きづらくなるんです。特に夏場などは、冷房の効いた部屋で濡れたままの状態でいると、さらに頭皮の温度が下がりやすいので注意が必要です。

このように、自然乾燥によるデメリットはとても多く、ラクだからという理由だけで気軽に取り入れるのは危険と言えるでしょう。

次ページ:自然乾燥でも効果的に乾かす方法は?

お役立ち情報[PR]