お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 女性の身体

生理期間が長い……。生理が長引く原因と対処法

尾西芳子

なかなか生理が終わらない……。いつもより長引く生理期間、これにはいったいどんな原因が潜んでいるのでしょうか? 今回は、産婦人科専門医の尾西芳子先生に、生理が長引く原因とその対処法について、解説をしてもらいました。

■生理が長引く……。危険な生理期間とは

そもそも“正常な生理期間”と“危険な生理期間”は、どのように判断すればよいのでしょうか? さっそく尾西先生に解説をしてもらいました。

rf45609701_o

生理期間は医学的には7日までが正常で、8日以上続くと「過長月経」といわれます。ただし、もともと生理期間が長い体質の場合も。

「突然長くなった」という人は、ホルモンバランスの乱れや、子宮頸がん、子宮体がんなどの可能性が考えられます。また、「ときどき長くなる」という人も、ホルモンバランスの乱れのほか、子宮の入り口や中にできるポリープといった病気が潜んでいるかもしれません。「(生理期間が)いつもとちがうな」という感覚があれば、一度医療機関を受診しましょう。

また、出血の量が多い日が長く続くと、貧血になる可能性があります。

次ページ:生理期間が長引く原因

お役立ち情報[PR]