お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 女性の身体

生理の血が少ない原因とは? 医師が教える過少月経の対処法

尾西芳子

生理の血が普段より少ない……。ちょっとした体の変化ではありますが、女性としては不安になる症状ですよね。では、なぜこんな生理の異常が起こってしまうのでしょうか? 今回は、産婦人科専門医の尾西芳子先生に、経血量が少なくなってしまう原因とその対処法について解説をしてもらいました。

■正常な経血の状態とは?

そもそも経血の量が“正常”だと言える状態とは? まずは、経血の基本知識について学んでいきましょう。

rf46140249_o

◇経血の正体

「生理」とは、子宮の中の内膜が血液を蓄えて分厚くなったもの(=妊娠した際は受精卵のベッドになる)が、妊娠しなかったために不要となり、剥がれ落ちることを言います。したがって、「経血」は血液を豊富に含んだ内膜ということになります。

◇正常な経血量と色って?

医学的な基準では20g~140gが正常な経血量。色は赤~赤褐色が好ましい状態です。生理の量はかなり個人差が大きいので断定はできませんが、1日3~4回ナプキンを替える程度であれば普通でしょう。少ない方の目安は、おりものシートで事足りる、生理2日目でもナプキンを1日変えなくて平気、といった場合だと考えてください。

次ページ:生理の血が少ないときに考えられる原因は?

お役立ち情報[PR]