お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 女性の身体

生理中に出るレバー状の塊の正体とは? 医師が教える原因と対策

尾西芳子

生理中、ドロッとした違和感とともに出てくる「レバー状の塊」。その色や大きさを見て、この正体が気になったことはありませんか? また、この塊が何かの病気のサインではないか、と心配になった女性も少なくないはずです。そこで今回は、この塊ができる原因やリスクについて、産婦人科専門医の尾西芳子先生に伺いました。

■レバー状の塊の正体とは?

cccb529056e159a964abf8b39ef484fd03696f2039d00a12fbpimgpsh_fullsize_distr

そもそもレバー状の塊には何が含まれているの? 専門医による解説を見ていきましょう。

◇塊は何からできているの?

ズバリ血液が固まったものです。手や足にケガをして出血した際に血が止まるように、基本的に血液は固まる性質があります。この働きがないと出血が止まらず大変なことになってしまいます。子宮の中や膣の中で留まっていた血が固まって出てきているのものが、レバー状の塊の正体なのです。

◇塊の大きさの平均は?

経血の量は個人差が大きいため断定はできませんが、親指大くらいであれば問題ないことがほとんどです。こぶし大くらいの大きさだと、背景に病気がある可能性が高くなります。

◇レバー状の塊ができる原因

特に病気が原因でない場合は、子宮の中や膣の中で血が留まっていた場合に固まって、それが出てきたのだと考えられます。もともと経血の量が多い人は一度に排出されずに溜まることがあるため、こうした塊ができやすいと言えます。

次ページ:レバー状の塊に潜む病気のリスクって?

お役立ち情報[PR]