お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

疲れている彼氏を癒す方法まとめ ~癒し上手な女性になるには~

ファナティック

疲れている彼氏を見ると、「何かしてあげたい……」と思う女性も多いでしょう。では、具体的にどんなことをすれば、彼氏は癒やされるのでしょうか。今回は、社会人男性にとったアンケートを元に「お疲れの彼氏を癒す言葉や行動」について紹介します。

■疲れている彼を癒す言葉5つ

istock_75847121_small

彼氏が疲れているときは、優しい言葉で癒してあげたいと思うものですよね。そこで働く男性に、彼女から言われて癒された言葉について教えてもらいました。

(1)お疲れさま

・「お疲れ様。いつもありがとう。頑張りすぎないでね」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「お仕事お疲れさま。今日はおいしいご飯を作るから待っててね」(31歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

仕事から帰ってきて、彼女に「お疲れさま」と言われると、それだけで一日の疲れも吹っ飛ぶのではないでしょうか。

(2)頑張ってるね

・「頑張ってるね!とか、大変だね、と愚痴を聞いてくれたとき」(29歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「いつも頑張ってるね。偉いなっていってくれたとき癒された」(31歳/通信/営業職)

仕事を頑張っていても、周りに認められないこともあるもの。彼女が頑張っていることを認めてくれると、気持ちも癒されますよね。

(3)ありがとう

・「いつもありがとう。あなたがそばにいてくれてうれしいよ。これからも私をよろしくね」(25歳/小売店/営業職)

・「いつもありがとう。仕事休みになったら出掛けようね!」(25歳/農林・水産/経営・コンサルタント系)

ささいなことでも、感謝されると救われる気分になる人も多いのでは? よくお礼のことばで「すみません」と言ってしまう人がいますが、どうせ言うなら「ありがとう」と伝えましょう。

(4)大丈夫?

・「大丈夫?などの気にかけてくれるようなこと」(33歳/自動車関連/技術職)

・「大丈夫?マッサージしようか?といわれたとき」(29歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

自分のことを気遣ってくれる言葉は、うれしく感じますよね。疲れているときに「大丈夫?」と聞かれると、彼も甘えやすくなるかもしれませんね。

(5)一緒にいると楽しい

・「一緒にいて楽しいっていわれたとき」(33歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「一緒にいると楽しいといわれるとうれしい」(33歳/機械・精密機器/その他)

自分も一緒にいて楽しい相手から、「一緒にいて楽しい」と言われたら、同じ気持ちなんだと、うれしいですよね。うれしいと感じると気持ちがふっとほぐれますよね。

疲れているとき男性が癒される言葉には、体調を気づかったり、苦労を労ったり、日ごろの感謝だったり……、「あなたを気に掛けてるよ、見てるよ」といったことが伝わる言葉のようです。

お役立ち情報[PR]