お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家男女の本音 出会い

男性から「余計なお世話」だと思われる行動~おせっかい女子にならないコツ~

織田隼人

彼のためを思って行動したのに、「余計なお世話だ!」と怒られてしまった……そんな経験ありますか? もしかしたらあなたは「おせっかい女子」かもしれませんよ。今回は男性から「余計なお世話だ」と思われる言動やちゃんと彼に思いやりが伝わるためのポイントについて、社会人男性にとったアンケートや専門家のコメントをもとに紹介します。

■男性から「余計なお世話」だと思われる行動6つ

af9920067120m

まず最初に、良かれと思ってした行動なのに、男性に「余計なお世話」だと思われてしまう行動にはどんなものがあるのでしょうか。男性達の意見を見ていきましょう。

(1)プライベートに首を突っ込む

・「自分のプライベートな話について批判をしてくる」(27歳/電機/技術職)

・「プライベートにあまりに深入りされると腹が立つ。年上の女性に多い」(27歳/その他/技術職)

相手のためを思ってアドバイスしたつもりでも、相手のプライベートに首を突っ込みすぎるのはNGのようです。男性との距離感を間違わないことがポイントです。

(2)自分の体験談を交えて話をする

・「仕事で立ち直れないようなミスをしてものすごく落ち込んでるとき、自分の体験を交えて相談に乗ろうとしてきた人がいた。気持ちはありがたいが、俺は男だから一緒にしてほしくない。そっとしておいてくれ」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「仕事など失敗してるのに、自分事のようにとりあげていろいろ言ってくる」(34歳/その他/販売職・サービス系)

仕事でミスをしたときなどに、必ずといっていいほど、自分の体験談を元になぐさめようとしてくれる人がいるもの。励まそうとしてくれる気持ちはありがたくても、自分と同じように考えられてしまうと、余計なお世話と感じてしまうようですね。

(3)途中で口をはさんでくる

・「自分で調べて行動しようとしているのに、こうしたほうが効率的とか勝手に言ってきたこと」(34歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「自分が頑張って最後までやりかけたところで、手伝おうかとか言ってくる人」(26歳/商社・卸/営業職)

仕事をしているときに、何かと途中で口をはさんでくる人もいますよね。自分でやり遂げるからこそ、仕事も身につくというもの。親切心で言っているつもりでも、相手にとっては余計なお世話になることもあるようです。

(4)人の気持ちを決めつける

・「勝手に人の気持ちをくみ取ったような感じで、頼んでないことをやるとき」(25歳/情報・IT/販売職・サービス系)

・「勝手にこうだろうと思って決めてしまうこと」(29歳/商社・卸/事務系専門職)

相手の気持ちを勝手に「こうだろう」と決めつけて行動されるのも、ムッとするようです。きちんと相手の意図を汲まないと、的外れな言動をしてしまうのは言わずもがな。気をつけたいですね。

(5)人の行動にケチをつける

・「人の行動をいちいち評価して、あれはいい、悪いと言ってくること」(34歳/機械・精密機器/技術職)

・「人の行動に対していちいち口出しをしてくる」(31歳/学校・教育関連/事務系専門職)

人がしていることに、いちいち口出ししてくる人も中にはいますよね。子どもじゃないのだから、自分の判断の上で行動しているということに気づいてほしいものです。黙って見守るのが、大人の女性ですよね。

(6)頼んでもいないのにやりたがる

・「頼んでもいないのにやたらと気を使うそぶりや声に出して『〇〇やっておいたよ』みたいなことを言う人」(31歳/情報・IT/その他)

・「頼んでもいないのに何でもやりたがる」(32歳/金融・証券/専門職)

人が頼んでもいないのに、勝手に解釈して行動してしまう人もいるもの。感謝の言葉を望んでいるかもしれませんが、男性からすると余計なお世話と感じているようです。自分がしようと思うことをやられてしまうと、あまりいい気はしませんものね。

男性が「余計なお世話」だと感じる女性の言動には、相手が望んでいるかどうか、リサーチ不足といった共通点があるようです。また、相手は男性なのに性差を考慮せず、私はこうだったから彼もこうすれば上手く行くはずという、女性視点のアドバイスもイラつかせてしまうよう……。「私のは余計なお世話だったかも!」という人は、こちらで紹介した点に気を付けてみて。

次ページ:「余計なお世話」と「思いやり」のちがい5つ

お役立ち情報[PR]