お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

失恋して辛いあなたが、幸せになる秘訣~引きずる原因と立ち直り方~

織田隼人(心理コーディネーター)

専門家に聞く! 失恋から立ち直るための2つの秘訣

辛い失恋から立ち直って、また明るく楽しい毎日を送りたい! そんなあなたに、男女の心理にくわしい心理コーディネーターの織田隼人さんに聞いた、失恋から立ち直るための2つの秘訣を紹介します。

割れたハートを手に持つ女性

<秘訣その1:失恋を認めること>

一時的に心の傷は広がってしまいますが、これ以上傷つかない程度まで「自分は失恋したんだ」ということを認めてしまえば前向きに動き出せるようになります。失恋から目を背けていると、どうしても失恋したという事実に気づきたくないけれど心のどこかで気づいているがために、ずっと自分を苦しめ続けてしまいます。

失恋を認めることで「何をやっても無駄」と理解でき、その後に「それなら次に進もう」という気持ちになることができるのです。

<秘訣その2:ぽっかり空いた心の穴を埋めること>

傷ついたままではどうしても辛い思いから抜け出せなくなってしまいます。しかし、人は恋愛以外にも人のつながりを持っているので、別のつながりであっても心の穴を埋めることができます。

友だちと遊びに行ったり、仕事に熱中したり(仕事とは本質的には誰かの役に立つことで成り立つので、心の穴を埋めやすいです)、ほかの男性と遊びに行ったり、料理の腕を磨いたり、なにか工作や手芸などでものづくりをしたりするのもいいでしょう。

人と接したり誰かの役に立つこと、何かを作ることをやれば、少しずつではありますが、心の穴を埋めていくことができます。

<失恋は、やさしさや気づきを与えてくれるもの>

失恋は辛いことではありますが、辛い経験によって人にやさしくなれたり、自分自身がいろいろ気づくきっかけにもなります。現実を直視することは一時的には辛いかもしれませんが、明日より元気になるためにちょっとがんばってみてください。

織田さんのアドバイスを実践することで、失恋から立ち直るきっかけをつかめるかもしれません。失恋を引きずっている女性は、ぜひ試してみてくださいね。

次ページ:まとめ

SHARE