お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家男女の本音 片思い

失恋して辛いあなたが、幸せになる秘訣~引きずる原因と立ち直り方~

織田隼人(心理コーディネーター)

失恋すると、「あんないい人はどこにもいない……」「もう恋愛なんてできない……」などと、辛い気持ちに心が支配されて打ちひしがれてしまう人も多いのではないでしょうか。でも、そこから立ち直って、自分らしい幸せをつかみたいものですよね。今回は、失恋からなかなか立ち直れないあなたへ、失恋をひきずるメカニズムや、立ち直るための方法について、働く女性たちの実例や専門家の意見をまとめて紹介します。

失恋して悲しむ女性

■人生のどん底!? 働く女性の失恋事情

失恋は自分自身への大きなダメージとなってしまいます。ですが、それを乗り切らなければ新しい恋も見つかりませんよね。働く女性のみなさんに、失恋の実体験や失恋から立ち直った経験など、いろいろと聞いてみました。

顔を覆う女性

<なんと約4人中3人は失恋経験あり>

まずは、働く女性たちが失恋したことがあるのか、アンケート調査してみました。

Q.失恋したことはありますか?

Q.失恋したことはありますか?

ある……76.9%
ない…23.1%

失恋経験のある働く女性は約77%と、かなりの女性が失恋を経験しています。失恋することでいろいろと考えさせられることもあったのではないでしょうか。失恋の理由について、詳しく見ていきましょう。

<女性が失恋した理由とは?>

実際に失恋を経験した女性に、どんな理由で失恋してしまったのかを聞いてみました。

◇遠距離恋愛になって……

・「遠距離になり、自分が常に不安になり、異常なほど連絡したり会いに行ったりして、相手の負担になってしまいフラれた」(30歳/自動車関連/事務系専門職)

・「遠距離が原因で、結婚か別れるかの選択だった」(25歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

遠距離恋愛になってしまうと、会えない寂しさというのが募ってしまいます。好きであればあるほど寂しさは強くなってしまうのかもしれません。会えない時間も多くなると徐々に心も離れてしまうのかもしれませんね。会えない寂しさを癒やすために、身近な人を好きになってしまうということも意外と多いのではないでしょうか。

◇相手に好きな人がいて

・「相手に好きな人がいた。そもそも恋愛対象として見られていなかった」(30歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「相手に彼女や好きな人がいたため、断られてしまった」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

いくら自分が相手のことを好きでも、その相手に好きな人がいた場合、その片思いが成就するのは難しいですよね。自分に振り向いてくれるのを待つのもありですが、ひとつの失恋として、新しい恋を探すほうがいいのかもしれませんね。

◇ほかに好きな人ができて

・「自分がほかに好きな人ができて別れたけど、やっぱり戻りたくて告白したけどフラれた」(32歳/不動産/事務系専門職)

・「ほかに好きな人ができたと言われた。疲れたと言われた。休みが合わず、会える時間が少ないと言われた」(33歳/医療・福祉/専門職)

自分や相手に、ほかに好きな人ができてしまうと、その恋は終わりになってしまうことも多いものです。

失恋してしまう原因として、コミュニケーション不足というのが大きな問題となりそうですね。遠距離もそうですが、仕事の都合でなかなか会えないことなどがあると、気持ちも離れ気味になってすれちがってしまうことが多いのかもしれません。

次ページ:専門家に聞く! 失恋を引きずる心理的なメカニズムとは?

お役立ち情報[PR]