お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド ボディケア

忘年会翌日にアラサー女子の52.1%が「○○の劣化」を自覚

saya160312530i9a3621_tp_v-2

年末年始は仕事の追い込み、イベントに寒さなども相まって心身共に不調を感じやすい季節。マンダムが、25歳~49歳の働く女性が年末年始に感じる一時的な不調(=劣化)について、調査を実施。その結果、年末の劣化の要因として「忘年会」が大きいこと、また年末の劣化は一時的で年始に回復する人が多いこともわかりました。結果を詳しく見てみましょう。

■年度の節目は”劣化”に注意!

main

疲労の波は、年末年始・年度の終わりと初めに上昇。忘年会時期は年度末に次いで体の劣化度が高く、肌の劣化については1年の中で最も高いことがわかりました。心の劣化度も年末と年度末・年度始めが高い傾向に。

■アラサー女子は忘年会の結果……体も肌もお疲れモードに

sub5

年末で特に女性たちが劣化を感じる忘年会。働く女性の忘年会事情を深堀してみたところ、アラサー女子の劣化度が高いことがわかりました。20代後半~30代前半女性は忘年会への参加意向は低いものの、お付き合いも仕事のうち。実際忘年会に参加すると、上司には気を使ったり、お付き合いで飲みすぎてしまったりとがんばった挙げ句、翌日は体も心もボロボロに。特に20代後半では、過半数となる55.6%が忘年会翌日の肌に不調を感じるという結果に。

■3人に1人以上が「忘年会には参加したくない」と回答

sub4

sub3

若手を中心に忘年会ではお酌など気を使っていることが顕著に表れています。

■年末の疲れは年始で回復

sub6

41.8%(既婚者では46.0%)の女性が「年末は劣化期」と回答するも、年始にはぐっと減少。全体の3人に1人が「年始は回復期」と答えており、年末の劣化(一時的な不調)を年始で癒し、新たな1年をスタートしているようです。

■それでもやっぱり楽しみな年末年始

sub2

今年の「年末年始が楽しみ」と答えた人は約半数の45.9%でした。年末の疲れ・劣化は、うまく年始に回復して、新しい年も気持ちよくスタートしたいですね。

「年末年始に関する調査」
回答期間:2016年12月
調査手法:インターネット調査
調査対象:25~49歳の女性 555名(マンダム調べ)

(マイナビウーマン編集部)

お役立ち情報[PR]