お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

お前の声が聞きたい! 男性が思わず電話をかけたくなる女性からのLINE10

ファナティック

本当は好きな人にすぐ電話したいけれど、内容が内容なだけに「自分から電話を掛けて話すことじゃないかも……」とためらってしまうことありませんか? そこで「思わず電話をしたくなる女性からのLINEやメール」について社会人男性に聞いてみました。

■落ち込んでいることがわかるLINEやメール

・「今ちょっと落ち込んでますみたいな内容。具体的には何も書いていない、愚痴っぽくないことがポイント」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「寂しそうなLINEスタンプを送ってきたとき」(35歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「寂しそうにしており、その寂しさが伝わってきたとき」(38歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

落ち込んでしまい、好きな人に話を聞いてもらいたいときはこんなLINEやメールを送ると察してもらえ、電話を掛けてもらいやすいよう。言いたいことをあえて言わず、今の気持ちだけ伝えると「どうしたんだろう」と心配してもらいやすいのかもしれませんね。

■会いたい・話したいとストレートな内容

・「ほんの少しでもいいから話したいとか言われると、寂しいのかと思って電話して話したくなる」(36歳/情報・IT/技術職)

・「会いたいなと短く送ってきたのを見たとき」(33歳/電機/技術職)

・「会いたいなどの、どうしたんだろうと思うメール」(26歳/農林・水産/技術職)

詳しいことは何も言わず、「会いたい」「話したい」とだけLINEやメールで伝えられると、何かあったんじゃないかと心配になってしまいますよね。気持ちが疲れ切ってしまい、LINEやメールをするのもやっとなときは、ストレートに気持ちをぶつけたほうがいい?

■「電話していい?」と言われたとき

・「向こうから、電話していい?ってくるとこっちから掛けてしまう」(25歳/電力・ガス・石油/技術職)

・「向こうから、電話してもいいか尋ねてきたとき」(30歳/機械・精密機器/技術職)

その気遣いが嬉しくて、つい男性が自分からかけてしまうのが「電話していい?」というLINEやメールなのだそう。また「いいよ」とわざわざLINEやメールで返信するよりも、掛けたほうが早いと思われるのかもしれませんね。

■悩み相談には電話を掛ける

・「悩みを相談されると、電話で直接話したくなる」(28歳/情報・IT/技術職)

・「ガチっぽい悩み相談。声で伝えるのが特効薬だと思えるから」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他個人事業主)

LINEやメールなど文字だけのやり取りでは、どうにも時間がかかってしまうのが悩み相談。これをしたら「電話を掛けてあげたほうが早いかも」と思ってもらえそうですよね。また声を聞かせて、女性を落ち着かせたくなるという男性も。

ちょっと個人的すぎる話は、自分から電話を掛けるのをためらってしまうことも多いもの。そんなときはLINEやメールで「男性に察してもらう」のがおすすめです。抱え込んでいるものが重すぎるときほど、ぜひ上記SOS方法を参考にしてみてくださいね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数111件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]