お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性の身体

2人に1人の女性が「トイレに汚物入れナシ」! え、じゃあどこに捨ててんの……!?

ファナティック

自分にとっての当たり前は、他人にとっての当たり前ではないことを実感する瞬間はさまざまありますよね。トイレ事情もそのひとつ。遊びに行った友だちの家でたまたま生理になってしまったとき、その生理用品をどこへ捨てたらいいか困ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、社会人の女性に「トイレの汚物入れを家に設置しているかどうか」について聞いてみました。

Q. あなたは、自宅のトイレに汚物入れを設置していますか?

「はい」……55%
「いいえ」……45%

半数以上の女性が、汚物入れを設置しているようですが、設置していない人もかなりいる様子。では、それぞれの気になる理由を見ていきましょう。

<「はい」と回答した女性の意見>

■なければ困る、それが汚物入れ

・「ないと困るから。同性の友だちか彼氏しか自宅に来ないので気にしない」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「同居してる家族がいるので、もしものときにすぐにトイレ内で処理できるように」(28歳/金融・証券/営業職)

汚物をそのまま放置しておくのは衛生的にも見た目的にもよくありません。誰かが家に来るとか、家族と同居しているのならなおさら、汚物は見えない状態にしておきたいですよね。

■ゴミの日がやってくるまでの一時保管場所

・「汚物は汚物として固めて捨てるのがマナーだし、お手洗い以外のゴミ箱に捨てるものではないから」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「生理のときはそこに捨てて、ゴミ捨ての日までそこに溜めておくのが習慣だから」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

燃えるゴミの日は一週間に2回程度という人が多いでしょう。それまでどこに汚物を保管しておくのかが問題です。適当なところに捨てていては、ニオってしまう可能性も。汚物入れに入れてしっかりふたを閉めておいたほうが安心かもしれませんね。

<「いいえ」と回答した女性の意見>

■ゴミ箱に直接入れるから

・「ひとり暮らしなので必要ない。即、ゴミとして捨てるから」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「自宅なので、すぐ隣の洗面所のゴミ入れに捨てれば済むから」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

用を足したあと、一度トイレから持ち出して別のゴミ箱に捨てている人もいるようです。たしかに、ひとり暮らしの家などでは、そこまでこだわることもなさそうですよね。

■面倒だから

・「ゴミ箱を増やすと、ゴミを出すときに面倒だから。自宅のトイレで汚物入れを使う可能性があるのは私だけなので、設置する必要はないから」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

家中にゴミ箱を設置するとそれだけ回収にも時間と手間がかかります。汚物入れがないほうが効率的という考え方も一理ありますね。

■余計なものを置きたくないから

・「シンプルなことが好きで、余計なものを置きたくないから」(30歳/情報・IT/クリエイティブ職)

家の中にものをあまり増やしたくないという女性もいるようです。なるべくシンプルな生活を目指すなら、汚物入れがなくても特に問題はない!?

■まとめ

自分ひとりの生活であれば、一週間の生理期間くらいどのようにでも対応できますが、他人が家に来る場合はそうもいかないこともあります。どちらがいいというわけではなく、自分に合った方法でトイレを清潔に保つことが第一ですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月20日~2016年5月27日
調査人数:156人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]