お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

【男子のホンネ】「結婚前提で付き合いたい」交際ってどんなもの?

ファナティック

「結婚前提で付き合いたい」交際ってどんなもの?

普通に「付き合ってください」と告白されるのと、「結婚を前提でお付き合いしてください」というのでは、具体的に何がちがうのでしょうか? 普通に交際するよりもシビアにいろんなことを判定しながら交際したい、という意味なのでしょうか? どんな違いがあるのか、男性のみなさんにお話を聞いてみました。

結婚したい気持ちがある

・「結婚することを視野に入れて交際する」(28歳/金融・証券/営業職)

・「『結婚するかも』と『結婚したい』の違い」(36歳/医療・福祉/専門職)

・「結婚したいと思うかどうか」(35歳/自動車関連/販売職・サービス系)

自分に結婚する意志があるかどうかで、付き合い方は大きく変わってくるようですね。将来のことを視野に入れると、軽々しいお付き合いはできなくなるのでしょうか。

将来のことを考える

・「将来のビジョンがはっきり見えているので、相手の女性が結婚相手として自分に合っているかと真剣に考えて付き合うこと」(30歳/自動車関連/事務系専門職)

・「将来を見据えて生涯をともに生きたいと思える女性との付き合い」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「普通の交際時には、付き合うことで『今』が楽しい、充実したものになるかどうかが重要だが、結婚を前提とした付き合いは一緒に生活した際や家族になることを『将来のこと』もあらかじめ想定した付き合いとなる」(33歳/通信/事務系専門職)

「今」に焦点を置いてつきあう普通の交際よりも、「将来を見据えた付き合い」になるのが結婚を前提としたお付き合いだ、と言う意見があがりました。

遊びじゃない

・「遊び感覚ではないってことだと思います」(39歳/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)

・「遊びではないことを相手だけでなく自分にも明示し、けじめあるもの」(38歳/情報・IT/営業職)

・「遊びではない。外見だけでなく中身を重視する。ケンカしたりしてもしっかり考える。軽い気持ちで行動しない。家族関係や仕事、金銭面なども考慮する」(27歳/医療・福祉/専門職)

相手に「自分の真剣な気持ち」を伝えるための告白でもあるようです。結婚前提とした告白をされた女性は、「相手は遊びじゃなくて本気なんだ」と捉えていいようですね。

お互いの家族と親交を持つ

・「親兄弟や親戚に紹介し、両家の親交を持つこと」(35歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「2人だけでなく、家族や親族とも紹介して将来について考えた付き合いをしたいということ」(36歳/運輸・倉庫/営業職)

・「お互いの家族とも一緒に付き合う」(39歳/医療・福祉/事務系専門職)

親や、家族との親交をもって欲しいのが「結婚前提の彼女」のようですね。たしかに将来家族になる相手は、自分の親となかよくできる人がいいですものね。

まとめ

男性のいう、「結婚を前提でお付き合いしてください」の意味をきいてきました。いかがでしたか? 「結婚をしたい相手である」、「真剣に交際したい」といった、いずれも軽い気持ちではないことが分かりましたね。男性に結婚を前提に交際を申し込まれたときは、女性の方も真摯に向き合いましょうね。

(ファナティック)

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年2月26日~2月29日
調査人数:409人(22歳~39歳の男性)
※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]