お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

イケない……でも胸キュン! 男性に聞いた、友だちの彼女を好きになった経験って?

ファナティック

どうしても好きになってはいけない相手ほど、つい気持ちが入り込んでしまい、さらに気持ちがヒートアップしてしまうもの。大切な友だちの恋人ほど、気持ちが盛り上がってしまうことってありますよね。そこで今回は働く男性に、友だちの彼女を好きになった経験について、聞いてみました。

<ある>

■魅力的だった

・「あります。魅力的だったので」(39歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ある。とても胸の大きい人で、妖艶な感じだったから」(28歳/金融・証券/専門職)

・「あり。胸キュンしたから」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

あまりにも女性が魅力的すぎると、友だちの彼女とはいえ、気持ちが止められないこともあるようです。一度ときめいてしまうと、なかなか、その思いを消すことは難しいものですよね。

■好みだった

・「顔やスタイルが自分好みで、好きになってしまった」(35歳/建設・土木/技術職)

・「あります。とにかくかわいかったので、別れそうになったタイミングで仕掛けました」(38歳/情報・IT/技術職)

友だちの彼女が自分のタイプだと、どうしても気になってしまうものです。友だちと別れるまでじっと耐えて、タイミングを見計らって告白すると言う人もいるようです。

<ない>

■好きにはならない

・「いいなーと思ったことはあるけれど、好きになったことはないです」(35歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

・「かわいいなと思ったことはある」(29歳/金融・証券/営業職)

・「美人だな、性格がよさそうだな、などは思ったことはあるが好きにはならない。友だちの彼女という時点で、恋愛感情は起こらない」(32歳/学校・教育関連/専門職)

友だちの彼女をいいなと思うことはあっても、それ以上、恋愛感情が起きることはないようです。友だちの彼女という時点で、恋愛対象外と位置付けるようです。

■道理に反する

・「ない。道理に反するので」(32歳/商社・卸/営業職)

・「ない。裏切りだから」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

・「ない。人間やめますか?と思うレベルだから」(37歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

友だちを裏切ってまで、友だちの彼女を好きになることは、やはりできないという意見です。友情を優先して、理性できっぱり線引きをしているようです。

まとめ

多くの男性は、友だちの彼女に恋愛感情を抱くことはないという意見が目立ちました。友だちとの関係性によるところも大きいので一概には言えませんが、何よりも友だちとの友情関係を壊してまで、彼女を手に入れたいとは思えないのでしょう。もし好きな異性のタイプが近い友だちなら、要注意ですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年1月6日~2月21日
調査人数:127人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]