お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

垂れたらイヤ! 寝るときのブラについての意見・5選

ファナティック

「重力で垂れる」「血行が悪くなる」など、“寝るときのブラ”については賛否両論のさまざまな説があります。ブラの締めつけが苦手な人にとっては、リラックスできる就寝時にブラをつけることは考えられないことかもしれませんが、なかにはつけていないと落ち着かないという人もいます。実際、社会人女性はどうなのでしょうか。寝るときにブラをつけるかどうかについて、聞いてみました。

【ブラしない派の意見】

■楽だから

・「楽なスタイルで寝たいので、つけない」(34歳/金融・証券/事務系専門職)

・「肩がこったり、リラックスできないので外して寝ています」(30歳/情報・IT/クリエイティブ職)

つけない派で一番多かった意見が、就寝時はリラックスしたいというもの。ブラの締めつけ感は下着の中でもトップクラス、楽になりたいから外したいという意見は納得ですよね。

■ブラして寝るのは体に悪い!?

・「つけない。ちまたでつけたままはよくないとよく聞くため」(24歳/食品・飲料/その他)

・「つけて寝ると血行が悪くなると聞いたので、つけずに寝る」(32歳/建設・土木/事務系専門職

近年話題になっている「ブラの締めつけが体に悪い」説。就寝時にブラをして寝ると重い疾患にかかる確率が上がる……という研究結果が話題になったことがありました。また「血行が悪くなるのでつけない」という人も多いようです。

【つける派の意見】

■朝が楽だから

・「つける。着替えが面倒。つけていないとトップがこすれて痛い」(31歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「つける。していないと違和感があるし、朝になってつけるのも面倒くさいから」(23歳/小売店/事務系専門職)

朝起きてすぐに家を出る支度にとりかかりたい人にとっては、ブラを選んだり身につける時間さえもったいない! と思ってしまうようです。夜につけておけば大幅な時間短縮になるはず!?

■形が崩れるから

・「つける。垂れてきたらいやだから」(34歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)

リラックスよりも、垂れ防止や美しさのためには我慢するといった美意識の高い意見もありました。胸の大きさにもよりますが、確かに1度垂れてしまうと元の形に戻すのは大変そうですよね。

【ナイトブラという手も】

・「ナイトブラをつける。前はきちんとしたブラをつけていたが、胸が圧迫されるからやめたほうがいいと助言された。何もつけないのもだめだそうで、ナイトブラに落ち着いた」(28歳/その他/販売職・サービス系)

「締めつけはイヤ! でも形はキープしたい!」という声に応えるべく誕生した“ナイトブラ”。スポーツブラのような構造で、極力締めつけ感がないタイプが多いようです。これならブラの圧迫感が苦手な人でも、抵抗なくつけられるかもしれません。

■まとめ

寝るときに「ブラをする派の意見」「しない派の意見」「ナイトブラ派の意見」が寄せされました。ブラを着用した際の感覚には個人差があって、常時着用していても何のストレスも感じない人と、少し着用しただけでも違和感や肩コリに悩まされる人がいるようです。自分の体質を理解して質の高い睡眠をとりたいものですね。あなたは寝るとき、ブラをする派ですか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2015年12月24日~2016年1月8日
調査人数:134人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]