お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

ぶっちゃけ“下着のプレゼント”ってうれしい? うれしくない?

ファナティック

下着は外から見えないだけに、本当の好みがどんなラインなのか、わかりにくいアイテム。プレゼントとして人気が高いのは事実ですが、実際にもらったらどのように感じるのでしょう。社会人女性に聞いてみました。

■好きな人からなら大歓迎

・「好きな人からだったらうれしい。気持ちが盛り上がりそうだから」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「好きなデザインを恋人からもらうのはうれしい。ほかの人に見せるものではないから、2人だけの秘密みたいでいい」(28歳/その他/販売職・サービス系)

彼からのプレゼントならうれしいという意見です。プレゼントする彼も、彼女の好みを事前に確認できるので、失敗の少ないプレゼントといえるでしょう。ちょっと高価な下着なら、記念日やイベントなど特別な日のためにとっておくのもいいですね。

■贈答品レベルならうれしいかも

・「普段買わないような立派なものならうれしいけど、そうでないものなら自分で選びたい」(28歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「うれしい! クロエのレースの下着など高すぎて自分で買えないものや、布ナプキンなど気になってるもの・着心地のいいオススメの下着などもらうととてもハッピーです!」(33歳/金融・証券/専門職)

自分の趣味ではなく、相手が喜ぶ顔を想像しながら選んでくれたことが伝わる贈答品としての下着ならうれしいという意見も。こんなこだわりのプレゼントなら、大切に使いたくなりますね。

■自分で好きなものを選びたい

・「うれしくない。よかれと思ってプレゼントしてくれたその気持ちはうれしいけれど、身体に合わないものはいりません」(29歳/医薬品・化粧品/専門職)

・「うれしくない。自分の好きなものでないと身につけたくないから」(31歳/商社・卸/その他)

下着をプレゼントとして選ぶとき、手元にあるデータはサイズだけという場合が多いでしょう。でも実際はそれぞれにこだわりがあり、サイズが合っていても必ずしも気に入るとは限らないのが難しいところ。贈る相手の好きなブランドを確認できれば回避できるかもしれませんね!

■センスの押しつけ!?

・「うれしくないです。私自身の下着の趣味を否定されている気がするし、強要されているようでいやだ」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「うれしくない。はいてほしいアピールがやだ」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

特に男性からのプレゼントでいえることですが、彼女にこういう下着を着てほしいからプレゼントするという姿勢には、あまり好感を持たない人もいるみたいです。相手がいつも買っているお店の高価なラインとかなら、うれしいのかもしれませんね。

■まとめ

賛否両論がある下着のプレゼント! どちらしても自分のことを思って選んでくれた気持ちには感謝したいしうれしいもの。一方、もし誰かに下着をプレゼントしようと考えるのなら、相手の好みをしっかり確認したうえで、以前からほしいと言っていたものを選ぶなどの配慮が必要かも! そのほうが失敗しないし、何より相手が確実に喜んでくれるほうがうれしいですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2015年12月24日~2016年1月8日
調査人数:192人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]