お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 夜のラブテク

もうっ! 彼氏の寝相が悪すぎて困ってしまった経験3選

ファナティック

本人にはまったく悪気はないし、なおそうと思ってもなおせないのが寝相の悪さ。ひとりで寝ているときならどれだけベッドの上で暴れようと問題なしですが、自分が一緒に寝ているときにその寝相の悪さをだされると大迷惑ですよね。今回は、彼の寝相の悪さに困っている女性たちに、どれほどひどい状態なのかを告白してもらいました。

■ベッドから落ちるほど追い込まれる

・「どんどん自分のほうに来て、自分の寝るスペースが奪われそうになった」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「ベッドで一緒に寝ていて、私のほうに攻めてきたので私がベッドから落ちてしまった」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「ベッドに斜めに寝られて、自分が寝るスペースがなくなってしまった」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「彼がどんどん寄ってきて、彼と壁に挟まれそうになった」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

ベッドの上をゴロゴロ動き回るという寝相の悪さを持つ彼は、寝ながら彼女をベッドの端に追いつめて落としてしまうことも。寝ているうちに斜めになってベッドのほとんどを占領してしまったりという男性もいますが、こういう人って何度押し戻しても戻って来ちゃうのが厄介ですよね。

■悪気はないけど暴力的

・「一緒に寝ていたら、寝相の悪い彼にドロップキックされたことがある」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「寝ていたらストレートパンチが飛んできた」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「身体ごと密着してきたのはいいけど、体重をそのままかけられすぎてベッドから落ちた」(28歳/機械・精密機器/その他)

隣に寝ていた彼にいきなりストレートパンチをされたり、ドロップキックをされたり。おちおち寝ていられないような暴力的に寝相が悪い彼と一緒にいるのは大変そう。本人は完全に寝ているので悪気はないのでしょうがやられるほうとしてはたまったものじゃありませんよね。

■布団を取られて寒い思いをする

・「掛け布団をすべて取られてしまい、寒い思いをした」(26歳/運輸・倉庫/営業職)

・「布団を全部持っていかれて寒い思いをよくする」(31歳/医療・福祉/専門職)

一枚の布団を2人でかけていたはずなのに寒いと思って目が覚めたら彼に全部取られていたなんていう女性もいます。寝相が悪い人って布団を自分の体にくるくる巻き付けたりすることも多いですもんね。夏ならまだしも、寒い冬にこれをやられると風邪をひいてしまいそうです。

小さいころから寝相が悪かったという人もいますが、普通は大人になれば多少はマシになるもの。大人になっても激しく寝相が悪い人は、寝具が自分に合っていなかったり、ストレスを抱えていたりするそう。彼の寝相の悪さに悩まされているという人は、マットレスの固さや枕の高さなどを見直してみてもいいかもしれませんね。せっかく2人で一緒に寝ているのだから、愛を育むような素敵な時間にしたいですよね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数155件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]