お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

えっ、ハートを使うの!? 男性が、本命女性にしか送らないメール・LINEの内容って?

ファナティック

好きな人からのメールには、一喜一憂してしまいがち。でも、その内容、社交辞令ではないですか? 男性が本命にしか送らないメッセージって、どんなものなのでしょうか。社会人男性のみなさんに教えてもらいました。

ハートマークを使う

・「ハートの絵文字を使う。男はなかなかハートなんか使わないから」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

・「ハートマークつきのメール」(38歳/通信/技術職)

・「ハートなどの記号を多用している。ハートなんて、普通の人に送ったら失礼にあたる」(28歳/情報・IT/技術職)

一見、チャラい印象ですが、男性は女性からのハートマークをうれしく思うもの。その分、特別なものとして、お返しをしてくれているんでしょうね。

プライベートを話す

・「プライベートな情報を詳しく書いて、相手の反応を見る」(35歳/情報・IT/技術職)

・「自分のことも話すし、相手のことも聞く」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

・「プライベートの細かいところまで聞く」(37歳/運輸・倉庫/技術職)

プライベートな話は、誰にでもするわけではありません。家族構成や学生時代の話、ちょっと悲しい思い出などを伝えられたら脈ありと言えそうです。

デートの約束をする

・「具体的にデートの予定を入れようとします。本命じゃなかったら暇なときに誘うだけ」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「飲みに行こうというお誘いは、本命にしか送らない」(32歳/小売店/事務系専門職)

・「いつが暇かとか具体的に聞く。はっきりさせたい」(30歳/農林・水産/技術職)

女友だちと本命女性を分ける、わかりやすいポイントですね。こういうお誘いが来るまで、がんばりたいところです。

用事がなくてもとにかく送る!

・「本命以外の人には、用件がない限りは、送ること自体しない」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「返事の優先順位が上がる結果、何気ない短文とかを送ってから、あとで説明を加えたりする。一見、無駄に見えかねない、単純なメッセージが増える」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「毎日おはようって送る」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

連絡をとりたい一心で、特に内容のないメッセージを送るようです。そう毎日、用事があるわけではないですし、気持ちはわかりますよね。

男性のみなさんは、LINEやメールのメッセージに、以上のような形で特別な好意をしのばせているんですね。ゆっくりと距離をとるうちにこんなメッセージが送られてきたら、「本命女性」に認定されていると考えてもよさそうです!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年8月にWebアンケート。有効回答数115件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE