お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

幸せを遠ざけているのは? 男性が「幸薄そう」だと感じる女性の特徴4つ

ファナティック

人間は人によってさまざまな雰因気を持っています。同じ女性でも、幸せそうな雰囲気の人と、なんとなく不幸そうな雰囲気の人がいますよね。そこで今回は男性に「幸薄そう」だと感じる女性の特徴を聞いてみました。

■か弱そうで目に力がない

・「痩せていて貧相な人で色が白い人(笑)」(37歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「目がうつろ。こういう目の人がいるが、『持ってなさそう』に見えるから」(23歳/警備・メンテナンス/営業職)

色白で痩せていると、幸薄そうに見られがち。身体的特徴なのでどうすることもできないかもしれませんが、大きな声でハキハキしゃべるようにしたり、明るく元気でいることで、プラスのイメージに変えることはできそうです。また目力はその人の気力や輝きを象徴するもの。幸せを追い求めている人は目に力がみなぎっているはずです。

■表情が暗い

・「常に困った顔をしている」(30歳/自動車関連/技術職)

・「笑顔がない人。覇気が感じられないから」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

「何かおもしろくないことでもあったのかな」と言わんばかりに表情が固まってしまっている人は、その暗い表情ゆえに幸せオーラが感じられなくなっています。表情は意識すれば変えることができるので、日ごろから気をつけたいところですね。

■他力本願

・「いつも人を頼りにしている」(39歳/情報・IT/技術職)

・「願掛けや占いをやたら信じるタイプ。結局振り回されるだけで、みすみすチャンスを逃してそう」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

近年、パワースポット巡りがにわかに注目を集めていますが、神や自然の力に頼るだけでは前に進むことはできません。前へ進もうとする力を後押ししてくれるのが人の助言や占いやお守りであることを肝に銘じましょう。

■マイナス思考で機嫌が悪い

・「マイナス思考な人は、幸せを感じられなさそう」(29歳/食品・飲料/営業職)

・「いつも機嫌が悪い。イライラしているから、幸せが逃げている気がする」(28歳/情報・IT/技術職)

幸せは、その幸せなエネルギーを受け止められるだけの力がある人のところへやってきます。また、幸せになるにはそれ相応の努力や試練や代償が伴うものです。ネガティブな考え方は幸せを受け止める力を自ら手放しているのです。

顔の作りは生まれ持っているもので、簡単に変えることはできません。ですが、表情や考え方は自分の努力や発想の転換で変えることができます。幸せを望むなら、できることから改善してハッピーオーラあふれる女性を目指しましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年7月にWebアンケート。有効回答数113件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]