お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

切実な本音! アラサー独女が「誰でもいいから結婚したい!」と思ってしまう瞬間3つ

恋も仕事も人間関係も……それなりにいろいろな経験を積んできたけれど、おひとり様ってちょっと複雑!? 未婚のアラサー女子ならではの心境をセキララにつづります!

まわりからの視線に耐えかねたり、自分の年齢を考えたりすると「早く結婚したい」と思うことも少なくないアラサー独女。理想の相手が見つかるまで待つと言いつつも、ふとした瞬間に「誰でもいいから結婚しちゃおうかな」と思ってしまうこともあるようです。今回は、どんなときにそう思うのか、アラサー独女に聞いてみました。

■妊娠・出産を考えたとき

・「自分の将来に不安を感じ、子どもを安全に産めるうちにと思うことはある」(28歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「子ども連れの家族が羨ましく思えたとき」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「子どもを産むためにはリミットがあるから」(27歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

結婚だけでなく出産まで考えると年齢にリミットがあるのは事実。安心して子どもを産める年齢の間に結婚しておきたいと思ったら相手を選んでいる時間がないと焦ってしまうのでしょうが、子どもの父親にもなる人ならなおさら慎重に選ぶことが必要なのかもという気もします。

■まわりが結婚ラッシュ

・「友人の結婚式への参加が続いたときは、焦ってしまった時期もありました」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

・「友だちから結婚報告を聞いたとき。結婚がうらやましいので誰でもいいから結婚したくなる」(28歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

・「友人の結婚式に出席したときに、ひとりだけ取り残された気がして無性に寂しくなり、誰でもいいから私も早く結婚したいと思いました」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

同年代の友だちや同僚などの結婚報告を聞いたときに、自分も結婚しなくちゃと思う人は少なくないようです。結婚式に呼ばれて、ほかの友人たちがみんな既婚者だったりすると、余計にひとりだけ取り残された気になってしまいますよね。

■周囲のプレッシャー

・「両親をはじめ親戚にまで『いつ結婚するんだ』とか、『彼氏はいないのか』とかいろいろ言われるとき、結婚したら楽になるような気がすることがある」(30歳/通信/クリエイティブ職)

・「どこへ行っても『結婚は?』と聞かれるので、答えるのが面倒になったからです」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

家族や親戚に「結婚はまだ?」と聞かれるプレッシャーに耐えかねて、結婚すればラクになれるかもと考えてしまう人も。顔を合わせるたびに同じことを言われるのは確かに嫌かもしれませんが、そういう人たちのことは軽く流すに限ります。いちいち気にしていたら身が持たないですよ。

「誰でもいいから」と思ったことなんてないという女子も多くいましたが、周囲の状況と自分を比べて焦りを感じた揚げ句「いっそのこと誰でもいい」と思ってしまった女子もいるようです。でも、焦ってしまったり投げやりになってしまったりすると後悔するのは目に見えているので、そう思ったときでも冷静な判断力は持ち合わせたいものですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年11月にWebアンケート。有効回答数154件(26歳〜34歳の働く未婚女性)

お役立ち情報[PR]