お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

彼がキャバクラに行くのは許せる? 許せない? 「娯楽だから許す」「仕事の付き合いでも嫌」

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

テレビ局に内定した女子大生が、過去にホステスの経験があることを理由に内定を取り消されてしまったことが先日話題となりました。水商売のアルバイトをすることは肯定派と否定派、賛否両論の意見がありますが、彼がキャバクラに行くとなると肯定派の人も考えてしまうかも? 彼がキャバクラに行くのは許せるか、許せないか、働く女子たちに聞いてみました。

まずは、許せる派の意見から。

■嫉妬の対象にならない

「キャバクラはお金が発生する場所なので、嫉妬の対象にはなりません。お金を使い過ぎると、また話はちがってきますが……」(30歳/サービス)

キャバ嬢は男性とおしゃべりをして一緒にお酒を飲むのが仕事です。お金で女性と話す時間を買っていると思えば、ある意味割り切れそうです。

■信頼があればOK

「日ごろから彼のことを信頼していれば、男同士の付き合いとしてキャバクラへ行くのは問題ないと思います。でも、少しエッチなサービスがあるお店だと嫌だなぁ」(32歳/広告)

キャバクラでも、お触りがOKだったり、キャバ嬢が下着のようなセクシーな衣装をまとっていたりするお店もあります。そうなると、否定派が増えるかもしれません。

■娯楽のひとつ

「娯楽のひとつだと思うので、生活に支障のない程度の支出ならば息抜きとしてよいかなと思っています。以前、キャバ嬢をしていた友人は『お客さんが恋愛対象になることはない』と言っていたので、浮気をされることもないかと」(29歳/出版)

娯楽と考えれば、女性が男性アイドルに夢中になることと似ているのかもしれませんね。

続いて、許せない派の意見です。

■仕事の付き合いでも嫌

「上司に誘われたら断れないと思うけど、仕事の付き合いだとしてもいい気持ちはしません。本人に言うとケンカになってしまうので言わないけど」(25歳/飲食)

仕事の付き合いを断ると、その後、仕事をしにくくなってしまう危険性もあります。とはいっても、自分以外の女性と楽しい時間を過ごしていることに嫉妬する女性は多そうですよね。

■キャバ嬢にベタベタされるのが嫌だ

「華やかで露出の激しいキャバ嬢たちにベタベタされたり、メールで営業をかけてきたりするのが嫌です。キャバ嬢さんは仕事のためにやっているとわかっているけど、ちやほやされて喜ぶ彼を想像するのも嫌です」(27歳/教育)

男性は、女性にもてはやされると喜ぶ単純な生き物。キャバ嬢たちに囲まれ、鼻の下を伸ばしているのかもしれないと、嫌な妄想が広がってしまう女子も。

<まとめ>

キャバクラで働く女性を肯定、尊敬している女性も見受けられました。しかし、彼女たちにとってビジネスだとわかっているからこそ、そのような色恋営業に騙される彼を見るのはつらいもの。何事も、度が過ぎるといいことはありませんよね。あなたは、彼がキャバクラに行くことを許せますか?

※画像は本文と関係ありません

(姫野ケイ+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]