お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「それでも結婚したい」が68.4%! 友人の離婚話を聞いたとき、独女の心の声をセキララ告白!

恋も仕事も人間関係も……それなりにいろいろな経験を積んできたけれど、おひとり様ってちょっと複雑!? 未婚のアラサー女子ならではの心境をセキララにつづります!

アラサー世代になると、離婚や家庭不和を経験する友人が増えてきます。その話を聞いて結婚への気持ちに変化はあったのか、アラサー独女に聞いてみました。

Q.まわりの友人などの離婚・夫婦の不和などの話を聞いたとき、どう思いますか?

「だから結婚してなくてよかったと思う」31.6%
「それでも結婚したいと思う」68.4%

「それでも結婚したいと思う」が約7割という結果に。離婚や夫婦の不和で悩んでいる友人を見て、結婚生活が幸せなことばかりじゃないとわかった今、自分は結婚するべきか否かで揺れています。

■「だから結婚してなくてよかったと思う」派

・「離婚するくらいなら生涯独身でいたい」(30歳/団体・公益法人・官公庁/経営・コンサルタント系)

・「心から喜んで結婚してもそうなるなら、今の寂しさと表裏一体の自由を謳歌して、ゆっくり納得できる人を探そうと思うので」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「なんで一緒になったんだろうと思う。一緒にいて楽しくないなら、結婚する意味がない」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

・「修羅場を聞くと面倒くさい」(31歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「まだもう少し自由でいたい」(31歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「自分で自分の人生をコントロールしやすいから。家族に振り回されるのは時間の無駄」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

・「やはり自分の思い通りにいかなくて葛藤するなど聞くと、どうしてもそれを解決することが自分にはできるのか心配になる」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「ぶっちゃけ、結婚する前よりも愚痴が増えているということは、幸せではないということにつながると思う」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「ひとりのほうが幸せなのでは? と思うことが多いから」(28歳/食品・飲料/クリエイティブ職)

結婚の破綻という現実を目の当たりにしてしまったことで、あらためて結婚の暗い部分が浮き彫りになり、本当に幸せにしてくれる人と出会えるまでは急がずにおこうと思うように。面倒になるよりは、ひとりのほうがマシという意見も。

■「それでも結婚したいと思う」派

・「安定がほしいから」(28歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「結婚して幸せな人もたくさんいるから」(27歳/学校・教育関連/専門職)

・「自分は自分で、まわりの人の話は参考にはなっても考え方は変わらない」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ひとりは寂しいから」(29歳/商社・卸/事務系専門職)

・「みんなそれぞれ何かあるのは当たり前だから」(27歳/金融・証券/営業職)

・「幸せになるか不幸になるかなんて、結局は人によるものだから」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

・「親を安心させたい」(26歳/金融・証券/営業職)

・「結婚がどのようなものか経験してみたいです」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「幸せな家庭が夢だから」(31歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

世の中、結婚が破綻した人ばかりじゃない。ずっと幸せに暮らしているカップルもいるし、人それぞれですよね。

やはり友人の結婚生活の状況は気になるもの。破綻してしまった友人の姿から何を学ぶのかによって、今後の身の振り方も決まってきそうです。あなたは、友人の離婚話を聞いたとき、だから結婚してなくてよかったと思いますか? それでも結婚したいと思いますか?

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年3月にWebアンケート。有効回答数209件(26歳~34歳、未婚の独身女性)

お役立ち情報[PR]