お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

75.4%の女子は告白されるのを待っている! 「振られたら立ち直れないので」

日常のふとしたことや、普段はなかなか聞けないちょっとディープな恋愛観など、イマドキ女子の「みんなはどうなの?」という疑問を2択アンケートで調査しちゃいます!

「女性からの告白」って、少し勇気がいるもの。実際のところ、好きな男性に「自分から告白する」女子と「告白されるのを待つ」女子、一体どちらのほうが多いのでしょうか? 今回は働く女子に聞いてみました。

Q.あなたは、好きな人に自分から告白するタイプですか? それとも告白されるのを待つタイプですか?
自分から告白するタイプ……24.6%
告白されるのを待つタイプ……75.4%

結果は、「告白されるのを待つ」と答えた人が多く、全体の約75%となりました。まず多数派の「告白されるのを待つ」意見から見てみましょう。

<告白されるのを待ちます!>

■「好き」アピールはするけれど、最終的には相手に言わせる
・「押して押して押しまくって、告白されるのを待つ」(25歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「自分では“好き”オーラを出すが、最終的には相手に言ってほしい」(27歳/機械・精密機器/営業職)
・「男性に好きと言わせるように駆け引きをするのが好きだから。告白してきたとき、“落とした!”と実感する」(26歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

「好き」という気持ちは匂わせても、最終的には相手に「告白させるように仕向ける」という策士の女子も。やっぱり、「告白は男性からしてほしい」と思う女子が多いみたいですね。

■振られたときのことを考えてしまう
・「振られるかもしれないと思うと、怖くて自分からは言えない」(30歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「告白して振られたら立ち直れないと思うから」(25歳/金融・証券/専門職)

勇気を振り絞って告白したのに、断られたらつらいですよね。できることなら告白されたい気持ちもわかります。

■相手に主導権を握らせないためにも、自分から告白はしない
・「告白されたほうが、自分が優位に立てる気がするので」(25歳/商社・卸/事務系専門職)
・「告白されるまで待ったほうが、その後の主導権を握れるから」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

恋愛は「惚れたほうの負け」とい言葉もあるように、付き合ってからのことを考えて、「告白した側より、された側のほうが主導権を握れる」と計算する女子もいるみたい。

大半の人が「告白されるのを待つ」と答えましたが、約25%の人は「自分から告白する」と回答。その理由とは?

<待ってなんかいられない! 自分から告白します>

■気持ちが抑えきれない!
・「早くどうにかなりたいから」(30歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)
・「本音は告白されたいのだけれど、待ちきれなくなり、自分から猪突猛進してしまう」(29歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

一度好きになったら、もう気持ちを抑えることができないタイプ。それほど愛される男性は幸せ者ですね……!

■男性よりも男性らしい?
・「好きなものは自分で手に入れたいから」(25歳/学校・教育関連/専門職)
・「ハッキリさせたいタイプなので」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

待っていても何もはじまらない、という“肉食系女子”な意見も。最近多く見られる“草食系男子”よりよっぽど男らしいかも?

全体的な結果としては、「やっぱり男性から告白されたい!」という女子が多い結果に。「自分から思いを伝えるのは恥ずかしいから、男性からの告白待ち」という人も。一方で、「自分から告白しないと気がすまない」という積極的な女子もいました。あなたは、好きな人は自分から告白する派ですか? それともされたい派ですか?

(ファナティック)

※「マイナビウーマン」にて2014年2月にWebアンケート。有効回答数281件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]