お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

骨折する夢の意味とは? 足・指・腕など部位や状況別の暗示12選【夢占い】 

夢占い

LIB_zine

骨折する夢には、夢占いにおいて注意したい警告が隠れています。また、足・指・腕など骨折した部位によっても暗示はさまざま。本記事では、骨折する夢の意味を詳しく解説します。

骨折する夢は、夢占いにおいて疲れがたまっているサインといわれています。

「疲労骨折」という言葉もあるように、体や心が無理をし続けるとやがて調子を崩してしまうかもしれません。

今回は、そんな骨折する夢について、部位・相手・状況別での暗示を見ていきましょう。

「骨折する夢」の基本的な意味

まずは、骨折する夢の基本的な意味を紹介します。

疲労がたまっている

骨折する夢を見る理由の1つに「疲労」が挙げられます。

骨が折れる原因は、思わぬミスや事故、そして無理のしすぎなどさまざま。疲労の蓄積により、骨折するような大けがにつながるケースもあるでしょう。

そのため、この夢を見た時は休息が必要というメッセージだと捉え、心身共にゆっくり休むことを意識してください

行動力が低下している

行動力が低下している時にも、骨折する夢を見ることがあります

骨が折れると思うように動けず、やりたいこともできなくなってしまいますよね。その状態が、現実の心理状況ともリンクしているのです。

人間関係のトラブルに注意

骨折する夢は、人間関係におけるトラブルの警告である可能性も。

労力を伴う仕事をする際に「骨が折れる作業」と表現するように、良好な人付き合いをすることに苦労する人は少なくありません。

潜在意識が夢を通じてあなたに注意喚起をしているのでしょう。この夢を見た時は、人間関係のトラブルに気を付けた上で、周りの人々を大切にすることがポイントです。

次ページ:【部位別】「骨折する夢」の意味

SHARE