お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

風水的によくない「玄関鏡」の置き方とは? 運気を下げるNG例

mapy

「玄関に鏡を置くのはよくない」といわれますが、これは半分正解で半分は間違い。置き場所によっては玄関から入ってくる幸運を増幅させてくれるので、鏡は開運グッズとして使われているんです。今回は、風水的によくない玄関鏡の置き方をご紹介します。

「玄関に鏡を置くとよくない」といわれることがありますが、その理由をご存じですか?

実は風水において、玄関の鏡はその家に住む人の運気に影響を及ぼすもの。置き場所が悪いと、運気ダウンの原因になってしまうのです。

この記事では、玄関に鏡を置く時のNG項目を風水の観点から解説していきます。

Check!
風水とは? 風水で開運を! 運気アップのポイントも紹介 #李家幽竹の風水ハック

風水的によくない「玄関鏡」の置き方

よく「玄関に鏡を置くのはよくない」と言われますが、正しい置き方をしないと運気低下を招いてしまうのであって、鏡を置くこと自体が悪いわけではありません。

そもそも鏡には、運を増幅させたり跳ね返したりする風水効果が期待できます。つまり、家に住む人の運気を良くすることができる開運アイテムである一方、使い方によっては悪い運気を呼び込んでしまう可能性があるのです。

特に玄関は風水において「気の出入り口」とされる重要な場所。幸運を招くのも、悪い気を取り込むのも玄関の状態次第です。そんな玄関に鏡を置く場合は、置き場所に細心の注意が必要と言えるでしょう。

では、どんな場所が風水的にNGとされるのか、玄関で避けるべき鏡の置き方をご紹介します。

(1)玄関ドアの真正面に鏡を置く

鏡は、使い方次第で良くも悪くも働くアイテムです。エネルギーを反射する風水パワーによって悪い気を跳ね返してくれる効果がありますが、良い気も跳ね返してしまうと、家が活性化しづらくなってしまいます。

最終的に住む人の勢いがなくなり、金運や恋愛運をはじめ、仕事運などさまざまな面で悪影響が出てしまっては大変です。

良い気が入ってくるのを妨げないためにも、玄関ドアの真正面に鏡を置くのは避けましょう。

(2)鏡の正面に窓が来る

玄関鏡の置き場所が、窓の正面になってしまうのも風水的によくないといわれています。

窓は玄関ドアと同様に、気の出入り口のひとつ。良い気が入ってくるのを妨げる原因になるので、窓の真正面も鏡の置き場所としては適切ではありません。

どうしてもその場所にしか置けない場合は、カーテンやのれんなどで鏡に窓が映らないように工夫すると良いでしょう。

(3)合わせ鏡になってしまう

玄関に鏡を置くことで、合わせ鏡になってしまう場合も注意が必要です。合わせて鏡になるとエネルギーが反射し合い、場を乱すことにつながる可能性があります。

場のエネルギーが乱れると、住む人が疲れやすくなってしまうといったデメリットがあると考えられています。

玄関ドアの真正面を避けた結果、洗面所や寝室と合わせ鏡になってしまう……といったことがないか、確認してみましょう。

次ページ:風水的によい玄関への鏡の置き方

SHARE