お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

モラハラ彼氏に効く言葉10選。モラハラ彼氏の特徴や弱点とは

高見綾(心理カウンセラー)

モラハラ彼氏に効く言葉10選

モラハラ彼氏の弱点を踏まえて、どういった言葉をかけると効果的なのでしょうか。具体的な言葉を紹介します。

(1)それは良かったね(それは大変だったね)

モラハラ彼氏にとって、自分を否定されるのはとても嫌なもの。こちらが否定したつもりはなくても、違う意見を言っただけで敏感に反応してくることもあります。

そのため、彼氏が感じたことに寄り添う言葉をかけてみると効果的です。彼氏は「自分の気持ちを分かってくれた」と感じて安心感を抱くでしょう。

(2)なるほど、それもいいね

自分の意見がモラハラ彼氏と違っていた場合、すぐに反対意見を言うのではなく、ワンクッション挟んで「なるほどね」「それもいいね」という言葉を入れるだけで印象が随分変わります。彼氏は自分の話を聞いてくれたと感じるでしょう。

(3)そうなんだね(そう思うんだね)

モラハラ彼氏の言動に反発したくなった時に、感情に任せて強めに言うと、彼氏もヒートアップして倍になって返ってくることも。

ぐっと堪えて、「そうなんだね」「あなたはそう思うんだね」という言葉を使いましょう。彼氏は自分に寄り添ってくれたと感じるので、態度が少し落ち着いてくるはずです

(4)そういうところ好きだよ

モラハラ彼氏は、自分に自信がなく、女性から愛されることに疑いや不安を抱いていることが多いです。彼氏の良いところを見つけたら、「そういうところが好きだよ」と伝えてあげましょう。

時には素直になれずに、憎まれ口を叩くことがあるかもしれませんが、内心はうれしく思っているでしょう。

(5)いつも頼りにしてるよ

モラハラ彼氏はプライドが高い人が多いです。「頼りにしてるよ」と言われると、プライドがくすぐられてうれしく感じるはず。承認欲求が満たされ、自分の存在価値が認められたような気持ちになるでしょう。

(6)さすがだね

モラハラ彼氏は、自分を認めてほしい願望が強いので、すごいなと思うことがあれば、「さすがだね」「すごいね」と伝えてみましょう。彼氏のプライドも満たされるはずです。

(7)ありがとう

感謝の気持ちを伝えられて嫌な人はいないでしょう。

ちょっとしたことでも当たり前だと思わずに、「ありがとう」「すごく助かる」と伝えていくと、モラハラ彼氏は自分を認めてもらえた気がして満足する傾向にあります。

(8)あなたには分からないんだね

モラハラ彼氏はプライドが高いがゆえに、自分に能力がないことは認めたくありません。言い争いになり、彼氏が「お前の言ってることが分からない」と言い出した時は、「そっか、あなたには分からないんだね」と返してみましょう。

「分かる能力がない」ことを認めたくないため、モラハラ発言が減る可能性があります。ただし、彼氏がヒートアップしている時には火に油を注ぐことになるかもしれないため、状況を見て判断することをおすすめします。

(9)今の言葉は傷ついた

モラハラ彼氏がひどい発言をした時は、「今の言葉は傷ついた」「そんなふうに言われて悲しい」と、自分の感情を伝えてみましょう。

プライドの高い彼氏にとっては、反論されたようで打撃になります。自分の優位性がぐらつく怖さも出てくるでしょう。

(10)こんなことされると、あなたと一緒にいるのがつらくなる

モラハラ彼氏は愛される自信がなく、彼女が自分から離れていくことを恐れています。「こんなことをされると、あなたと一緒にいるのがつらくなる」と伝えると、彼氏に危機感を抱かせられるはず。

モラハラ彼氏を受け止めつつ毅然とした態度で

モラハラする人は強気な態度とは裏腹に、自分に自信がない人が多いです。彼女が自分から離れていくのではないかといつも不安なのです。

そんなモラハラ彼氏の弱点を理解し、彼氏を受け止める言葉がけをすると効果的です。とはいえ、あまりにモラハラがひどい場合は、毅然とした態度で自分の気持ちを伝えたいものです。

(高見綾)

※画像はイメージです

※この記事は2022年06月29日に公開されたものです

高見綾(心理カウンセラー) (心理カウンセラー)

“質上げ女子”のカウンセリングをメインで行っている。電話、面談(ZOOM、名古屋)によるカウンセリングや講座を中心にあなたのお悩みをサポート。

大学卒業後、民間企業の経理・財務業務に従事。自身の悩みを解決するために心理学を学びはじめ、人生がうまくいくためには特定の法則があることに気づく。豊富な臨床経験から、心の世界で学んだことを現実に活かすアプローチに高い評価をいただいている。

著書は「ゆずらない力」(すばる舎)。他、PHPスペシャルに記事を寄稿するなどマルチに活動中。

高見綾のブログ https://takamiaya.com/

 

この著者の記事一覧 

SHARE