お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

鼻フェチ女子の心理や特徴って? 鼻フェチが好む鼻とは

汐見でこ

どんなところに魅力を感じるかは人それぞれ。多くの人から共感を得られるものもあれば、なかなか理解されない変わったフェチもあるでしょう。今回は「鼻フェチ」について紹介します。

さまざまなフェティシズムがある中でも、やや珍しいのが「鼻フェチ」。

気になる女性が自分の鼻ばかり見てきたり、ある特徴の鼻を持つ人ばかりを目で追いかけていたり、男性の鼻についての話題が多かったりするなら、彼女は鼻フェチかもしれません。

今回は、鼻フェチの定義や鼻フェチ女性の心理・特徴、鼻フェチに好かれやすい鼻について紹介します。

鼻フェチとは「鼻を偏愛する人」のこと

鼻フェチとは、人のパーツの中で鼻に特別なこだわりを持つこと、またそのような嗜好を持つ人のことを指します。

鼻フェチの人は、恋愛対象となる相手には特に「好みの鼻であるかどうか」を気にする傾向にあります。

同じ鼻フェチでも好みは人それぞれ

同じ鼻フェチの人でも、好きな鼻の形は人それぞれです。高い鼻が好きな人がいれば、低い鼻が好きな人もいます。

中には「団子鼻がかわいい」など、特定の鼻の形のみが好きな人も。

必ずしも「美しい鼻でなければ鼻フェチの恋愛対象外」ということはないのです。

参考記事はこちら▼

フェチって何? フェチの種類と隠された心理

匂いフェチ、手フェチ、脚フェチなど、さまざまなフェチの裏にある心理を分析していきます。

鼻フェチ女子の特徴・心理とは?

ここからは、鼻フェチ女子の特徴と心理について解説します。

外見重視で惚れっぽい

鼻フェチ女子は、外見重視で惚れっぽい傾向にあるでしょう。

「鼻」という顔の重要パーツにこだわる人なので、恋愛対象の外見にはかなりこだわりがあると見ていいかもしれません。

好みの鼻を持つ人なら、初対面で一目惚れしてしまうこともあり得るでしょう。

参考記事はこちら▼

面食いな人の特徴や心理、アプローチ方法などを解説します。

大人っぽく頼れる男性が好み

鼻フェチの中には「鼻の高い・大きい男性が好き」という女性も少なくありません。

高く大きい鼻は、どこか強く自立した印象を与えます。そのため高い鼻や大きな鼻に魅力を感じる女性は、自分をリードしてくれる頼りがいのある男性が好きな傾向にあるといえるかもしれません。

自分にないものを持っている男性に惹かれやすい

自分の鼻からかけ離れたものを持つ男性を好きになる人も少なくありません。

中には、「自分の鼻が嫌いだから、違う形の人に惹かれる」という人もいます。

参考記事はこちら▼

頼りになる人になるにはどうしたらいいのでしょうか? 職場やプライベートにおいて、誰からも頼りにされる人の特徴などからひも解いていきます。

鼻フェチが好むポイント

鼻にもさまざまな形や呼ばれ方があるのをご存知でしょうか。ここでは、鼻フェチの女性に好まれやすい鼻の種類をいくつかピックアップして紹介します。

鷲鼻(わしばな)

鷲(わし)のくちばしのような形の鼻が「鷲鼻」です。

高さがあり、鼻筋が中央から下向きに曲がっているのが特徴です。

鷲鼻は顔立ちを大人っぽく、男らしく見せるとされています。

ギリシャ鼻

ギリシャ彫刻によく見られる鼻の形を「ギリシャ鼻」と呼びます。おでこから鼻筋のラインがへこまず、つながっているように見えるのが特徴です。

彫りが深く、迫力のある印象的な顔立ちになります。

ローマ鼻

ギリシャ鼻とも似た、高さのあるまっすぐな鼻筋を持つのが「ローマ鼻」です。

ギリシャ鼻との違いは、おでこから鼻筋のラインにへこみがある点。エレガントで華やかな印象を与えるとされています。

団子鼻

お団子のような、コロンとした丸みを帯びた形を持つのが「団子鼻」です。実年齢より若く見られやすく、かわいらしい印象を与えます。

母性本能をくすぐられやすいため、一部の女性に人気のある鼻の形です。

「鼻フェチ」は人それぞれの好みの1つ

今回は鼻フェチの心理や特徴、鼻フェチが好むポイントなどを紹介しました。

程度は違えど、多くの人はそれぞれ性的なこだわりを持っているものです。何が良い、悪いというものでもないので、相手のフェチを否定することは避けた方がいいでしょう。

(汐見でこ)

※画像はイメージです

※この記事は2022年06月16日に公開されたものです

汐見でこ

フリーランスのWebライター。美容やファッション、グルメから雑学まで幅広く執筆中。学生時代から現在まで歯科助手としても勤務。恋愛経験は乏しいのに、なぜかいろいろ耳に入ってくる。結婚願望は薄め。最近好きな食べ物はちくわの天ぷら。

この著者の記事一覧 

SHARE