お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

腋フェチな男性の特徴や心理は? 腋フェチの好む脇とは

なかむらみほ

どんなところに魅力を感じるかは人それぞれ。多くの人から共感を得られるものもあれば、なかなか理解されない変わったフェチもあるでしょう。今回は「脇フェチ」について紹介します。

世の中にはたくさんのフェチがいますが、その中でも腋フェチはマニアックな分類といえるでしょう。

なぜか脇に魅せられるという人もいます。特に男性に多いのではないでしょうか。

今回はそんな腋フェチ男性の特徴や心理、好むポイントなどを紹介します。

Check!

フェチって何? フェチの種類と隠された心理

腋フェチな男性の特徴や心理は?

彼氏や好きな男性から「腋フェチなんだ」と言われると、最初は戸惑うこともあるかもしれません。

なぜ脇を好むのか。そんな謎に包まれた腋フェチ男性の特徴や心理を紹介します。

(1)臭い全般が好き

脇に限らず、臭い全般が好きな男性がいます。

脇は普段あまり人目にさらさない部分なので、見るだけではなく、どんな臭いか嗅いでみたいという好奇心が湧くのでしょう。

(2)嫌がっている姿が好き

腋フェチの中には、脇そのものよりも女性の反応が好きな場合も。

例えば「脇を見たい」と言った時の嫌がっている女性の反応が好きだという声もあり、そこには嫌がって恥ずかしがる姿が見たいという心理が隠れています。

脇に触れて顔が赤くなったり、抵抗したりする姿がかわいく見えるのでしょう。ただし、本当に嫌な時はきっぱりと断りましょう。

(3)特別感を味わえるから好き

普段はじっくり見ることのない部位だからこそ好き、という腋フェチも。女性の脇を見ることで「自分だけが知っている」という特別感を味わいたいと思っているのかもしれません。

女性からすると男性に脇を見せるのは抵抗感があります。そんな部位だからこそ、見せてくれたことに男性は喜びを感じるのでしょう。

(4)隙のある姿が好き

脇毛の剃り残しや自然のままの状態、脇汗などは、ギャップ萌えとしてグッとくるという人もいます。

隙のある姿に見えて、「見てはいけないものを見てしまった」という感覚がたまらないと感じるのでしょう。

腋フェチが好むポイントは?

腋フェチ男性でも、思わずキュンとなる脇は人によって異なります。

そこで、腋フェチ男性が好む脇についてポイントを紹介します。

(1)きれいに整えられた脇

毛が処理されたツルツルな脇を好む男性も多いです。スベスベとしたその脇に「触れてみたい」と感じるのでしょう。

(2)剃り残しがある脇

処理された脇が好きな人がいる一方で、剃り残しや少し毛が生えてきた脇が好きという人も。「女性の恥ずかしがるところを見たい」といった思いが潜んでいるのかもしれません。

(3)くぼみのある脇

腋フェチ男性は細かい所まで見ていることがあり、形にこだわることもあります。そのため「脇のくぼみがきれいな人に惹かれる」という声も。

脇のくぼみや形も人によって異なります。そんな中で、自分の好みである脇を見つけると、余計にグッとくるのでしょう。

(4)柔らかそうな脇

くぼみ好きとは真逆で、厚みのある脇を好む男性もいます。ぷにっとした脇は触っていて心地良いので、柔らかな肉感に惹かれるのでしょう。

(5)隙間から見えた時の脇

ふとした瞬間に見えた脇に思わずドキドキすることも。半袖の隙間から見える脇にグッとくる男性は多く、その理由として「隠している部分が見えたこと」に魅力を感じるようです。

(6)汗をかいた脇

腋フェチの男性の中には、汗をかいた脇が好きという意見があります。

夏は汗ジミにならないように脇汗パッドなどを使用する女性もいますが、脇汗フェチの人々にとっては、汗ばんでいるその姿に魅力を感じるようです。

その他のフェチは?

脇フェチの他にはどんなフェチがあるのでしょうか?

他のフェチについての詳細は、以下の記事もチェックしてみてください。

唇フェチ
手フェチ
髪フェチ
腕フェチ
胸フェチ
鎖骨フェチ
足フェチ
お尻フェチ
太ももフェチ
鼻フェチ
匂いフェチ
声フェチ

「脇フェチ」は人それぞれの好みの1つ

「脇フェチ」といっても、その中でも好みはそれぞれ細分化されているようです。

程度は違えど、多くの人はそれぞれ性的なこだわりを持っているものです。何が良い、悪いというものでもないので、相手の人のフェチを否定することは避けた方がいいでしょう。

(なかむらみほ)

※画像はイメージです

※この記事は2022年06月14日に公開されたものです

なかむらみほ

関西在住で20代後半のフリーライター。日々新しい情報を吸収するのが好き。趣味は読書、映画鑑賞、音楽を聴くこと。趣味のおかげで言葉の影響力の大きさに気づき、ライターになることを決意。現在ジャンル問わず記事執筆をしており、なかでも人間関係のテーマが得意。誰もが納得できる文章を目標とし、物事を深く追及。よりレベルアップすべく心理学を勉強中。

この著者の記事一覧 

SHARE