お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

足フェチとは? 脚フェチ・足フェチが魅力を感じる部位も解説

夏目椿(夏椿)

特定の要素に対して魅力を感じる「フェチ」。十人いれば十通りのフェチがあるもの。今回は、脚フェチ・足フェチの心理や特徴を深掘りしていきます。

フェチにはさまざまな種類がありますが、「きれいな脚は目で追ってしまう」「まず足元に目がいく」という脚フェチ・足フェチは、世の中に多くいます。

脚は目に入りやすい部分ですし、スラッとした長い脚を見るとフェチでなくても、つい見てしまうでしょう。

ここでは、脚フェチ・足フェチが魅力を感じる脚・足の特徴や部位を解説します。

足フェチ,脚フェチ,きれいな足

脚フェチと足フェチは違う?

「脚フェチ」と「足フェチ」が異なるのは知っていますか?

脚フェチは、太ももからつま先まで、一方、足フェチはくるぶしからつま先までに魅力を感じます。

脚フェチが下半身の大部分に魅力を感じるのに対し、足フェチは足元や足首あたりに魅力を感じるのが特徴です。

脚フェチの人が魅力を感じるのはどんな脚?

脚フェチと言っても全ての脚に魅力を感じるわけではありません。

ここでは、脚フェチの人が魅力を感じる脚の特徴を解説します。

(1)細くて長い脚

脚が細くて長い人は、高身長でスタイルが良いことが多いです。

スラリとした長い脚で、ほどよく鍛えて筋肉がついていると、男性でも女性でも魅力を感じてつい見入ってしまうでしょう。

(2)ほど良い肉づきの太もも

ほど良く肉がついていて丸みがあり、触ると柔らかそうな太ももは脚フェチの人が好む部位です。

太ももが太いと感じると「痩せないと!」と焦るかもしれませんが、適度に太い脚は脚フェチの目には魅力的に映るので、無理してダイエットする必要はないかもしれません。

(3)健康的で引き締まった脚

肉づきの良い脚よりも、筋肉があり引き締まった脚に魅力を感じる人もいます。この傾向は、スポーツ好きな人や筋トレが趣味の人に強いかもしれません。

ふくらはぎから足首にかけて引き締まっていたり、足首が細かったりするとメリハリがあり、脚がきれいに見えるのでしょう。

(4)膝がきれいな脚

乾燥や摩擦などで、膝がカサついたり黒ずんだりすることもありますよね。

そんな部位だからこそ、脚フェチの人には手入れが行き届いている膝が好まれます。普段からケアに気を配っている姿勢も、魅力的に映るのかもしれません。

足フェチの人が魅力を感じるのはどの部位?

ここでは、足フェチの人が魅力を感じる足の特徴を解説します。

(1)くびれた足首

足フェチの中には、くびれた足首に魅力を感じる人が多いです。

そんなフェチの人々は、足首が目立ちやすいパンプスやハイヒールを履いている人に目が向きやすいでしょう。キュッと締まっている足首を好みます。

(2)長く手入れの行き届いた指先

足の中でもつま先や指に魅力を感じる人もいます。

長くて手入れの行き届いた指先は魅力的でしょう。ただ指の長さに関しては、人差し指が最も長い方が良いなど、人によってこだわりはさまざまです。

(3)個性が出る足裏

足裏は靴を脱いだ時しか見えないので特別な部分です。

土踏まずが美しいアーチを描いている、角質が溜まっておらず足裏がつるりとしているなどが好まれやすいポイントです。

その他のフェチは?

足フェチの他にはどんなフェチがあるのでしょうか?

気になる方は以下のフェチもチェックしてみてください。

唇フェチ
手フェチ
髪フェチ
腕フェチ
胸フェチ
鎖骨フェチ
脇フェチ
お尻フェチ
太ももフェチ
鼻フェチ
匂いフェチ
声フェチ

脚フェチ・足フェチの人は柔らかさや美意識などに魅力を感じている

脚フェチ・足フェチの人は、柔らかさや脚・足をきれいに保っている=美意識の高さに魅力を感じる傾向があります。

また、足首やつま先、足裏など隠れている場合が多い部分に特別感や魅力を感じやすいでしょう。

脚フェチ・足フェチと言っても魅力を感じるところには個人差がありますが、ムダ毛や膝の黒ずみ・角質などはあまり好まれません。日常のお手入れを欠かさないようにしましょう!

(文:夏目椿、イラスト:あべニコ)

※画像はイメージです

参考記事はこちら▼

フェチとは何かや、他のフェチの種類と心理を専門家が解説します。

※この記事は2022年01月19日に公開されたものです

夏目椿(夏椿)

元英会話スクール勤務、現在は小説も書くWebライター。アメリカにホームステイの経験あり。学生の頃から1日に5本観るほどの映画・ドラマ好き。経験を生かした得意分野記事は英会話・エンタメ(海外ドラマ・洋画)・転職・遺品整理・恋愛・婚活。読者のタメになる、ちょっと変わった視点の記事を発信することを心掛けている。

この著者の記事一覧 

SHARE