お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

愛情表現とは? 男女別の言動と効果的な愛情の伝え方

たむたむ

彼氏や彼女、夫や妻に対して愛情表現をしていますか? 反対に相手からはどのように愛情を受け取っているでしょうか? この記事では愛情表現の意味と、男女別の言動例などを紹介します。

付き合っている相手や結婚相手に対して、しっかり愛情を伝えていますか?
また、あなた自身は相手からの愛情表現に気づいているでしょうか。

「わざわざ言葉や行動で示さなくても、相手に伝わっているはず」と思っていても、実はあまり伝わっていないこともあります。

そこで今回は、男女別の愛情表現を紹介。また、愛情表現が苦手なパートナーとの付き合い方も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

愛情表現とは?

そもそも、愛情表現とはどんな意味を持つのでしょうか?

まず、「愛情」という言葉の意味を確認していきましょう。辞書によると以下のように説明されています。

あい‐じょう〔‐ジヤウ〕【愛情】 の解説

1 深く愛し、いつくしむ心。「―を注ぐ」

2 (性愛の対象として)特定の相手を恋い慕う心。「ひそかな―をいだく」

→愛[用法]

(『デジタル大辞泉』小学館)

つまり「愛情表現」とは、相手をいつくしむ気持ちや恋い慕う気持ちを、言葉や態度、行動で示すことといえます。

愛情表現の方法は、「好き」と言葉で伝えたり、キスやハグをしたりなど、さまざまあるでしょう。

次ページ:愛情表現を求める理由

SHARE