お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

愛情表現とは? 男女別の言動と効果的な愛情の伝え方

たむたむ

【男性編】愛情表現の特徴4つ

ここからは愛情表現としてよく見られる特徴的な言動を見ていきましょう。

まずは、男性の愛情表現でよくあるパターンについて紹介します。

男性の場合は一見分かりにくい愛情表現も多いので、以下を参考にパートナーの様子をよく観察してみてくださいね。

(1)スキンシップを取ってくる

スキンシップを取ろうとするのは、男女問わず代表的な愛情表現の1つ。

特に、男性の場合は言葉ではっきりと愛情を伝えるのが苦手な人もいるので、スキンシップをすることで気持ちを伝えようとすることも多いようです。

好きな相手だからこそ、「触れたい」という気持ちが湧いてくるのでしょう。

手をつないだり、キスやハグをしたりすることはもちろん、髪に触れる、腕枕をするといった行動も愛情表現といえます。

(2)気遣ってくれる

さりげない気遣いをしてくれるのも、男性が見せる愛情表現といえるでしょう。

例えば、重い荷物を持ってくれたり、車道側を歩いてくれたりする行動などが挙げられます。

パートナーのことをよく見ていて、「助けたい」「守りたい」という気持ちが働くからこそ、優しい行動や先回りした気遣いができるのです。

(3)よく見つめてくる

よく目が合ったり見つめられたりするのも、男性からの愛情表現といえるでしょう。

好きな気持ちがあるからこそ、いつも見ていたいという気持ちが膨らんでくるのもの。それは時に、本人も無意識の行動かもしれません。

もし恋人からよく見つめられているなと思ったら、それはさりげない愛情表現と捉えましょう。

(4)よく連絡をしてくる

男性の中には、たわいないやりとりを苦手とする人もいます。

ですが、好きな人に対してひんぱんに連絡をしたくなるのは、愛情があるからこそ。

こまめに連絡してきたり、何気ないやりとりを続けたりする場合、いつもあなたとつながっていたいという気持ちの表れかもしれません。

よく連絡をしてくれるようなら、それは彼からの愛情表現といえるでしょう。

次ページ:【女性編】愛情表現の特徴3つ

SHARE