お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

おうちデートを付き合う前にしてもOK? 誘う男性心理と注意点

あん茉莉安

付き合う前におうちデートをする時の注意点

実際に、気になる男性からおうちデートに誘われた時は、どうすればいいのでしょうか。

ここからは、付き合う前におうちデートに誘われた時の注意点を確認してみましょう。自分の身は自分で守り、後悔はしたくないもの。

しっかり考えて、次のステップに進みましょう。

(1)好きな人の誘いかどうかを必ず自問自答

まずは、おうちデートに誘ってくれる男性が自分にとって本命かどうかを考えましょう。おうちデートをするのは、絶対に付き合いたい好きな相手だけと決めて、迷っている程度の相手の場合は断る方が無難です。

下手をすると、付き合っていないのに家に来たという話が流れてしまい、本命の恋に悪影響を与えることも考えられます。おうちデートの相手はきちんと選びましょう。

(2)おうちにお邪魔するのは昼間だけ

もし付き合う前におうちデートへ行くなら、昼間の時間帯だけ、という条件つきでの訪問がおすすめです。

夜の時間帯のおうちデートをOKしてしまうと、他の男性のお誘いにもOKしているかも? と疑われてしまう恐れがあります。また相手が体目的だった場合、雰囲気に流されてそのままお泊りデートに発展してしまう危険性も。

自分の身を守るためにも、付き合う前のおうちデートをする時は、暗くなる前に帰るようにするのがいいでしょう。

(3)イチャイチャやキスは極力我慢

相手のことが気になっているからこそ、スキンシップを取りたい気持ちになることもあるでしょう。ですが、ここでは我慢が無難! 付き合ってからでもできることを今してしまうと、結果「付き合わなくてもできる」と相手が認識してしまう可能性もあります。

もちろん、お互いの気持ちが通じ合っていて、スキンシップを通して関係が深まることがないとは言えません。しかし、それがうまくいくか見極めるのが難しいということ。従って、スキンシップは踏み込みすぎない方が無難と言えるのです。

(4)体の関係はお断りする

おうちデートで2人きりになった途端に、体の関係を求めてくる相手もいるかもしれません。どんなに気をつけていても、相手の本心が見極められないこともあるのです。

この場合、たとえ相手が本命だったとしても丁重にお断りすることをおすすめします。本命の相手だからといってOKしてしまうと、「誰にでも体を許す女性」として彼に扱われてしまう可能性が。また、付き合う前の行為は必ずリスクが伴うと思っておくべきです。

言葉で直接体の関係を求められなくても、さりげなくボディタッチをされるなど距離が近いと思った時には、「付き合っている相手としかしない」とはっきりと意思表示をしましょう。それと同時に「でも、好きじゃなければ家には来ないよ」とあなたの気持ちを伝えるのも良い方法です。

もちろん、大人ならどういう判断をするかは自己責任ですが、くれぐれも自分を大切にする選択は何かを意識してくださいね。

(5)何もなかったとしても脈なしサインではない

本命の相手におうちデートに誘われたのに何もなかった場合、「脈なしか」とがっかりしてしまうかもしれません。

しかし、大切に思っている本命の相手だからこそ、付き合う前には手を出さない男性もいます。おうちデートの後も良い関係が続いているのであれば、脈ありの可能性も。もしかしたら、相手の男性は告白のタイミングを考えているところかもしれません。

おうちデートで何もなかったとしても態度を変えず、いつもどおりのあなたで相手と接することが大切です。

おうちデートも付き合う前なら慎重に!

付き合う前のおうちデートへ行くことは、男性にとって必ずしも好印象ではありません。もし相手の気持ちがはっきりしない場合や、自分にとって相手が本命でない場合は、お誘いがあっても簡単にOKしない方が良いでしょう。

おうちデートは、カップルになってからでも心おきなく楽しめます。どうしても本命の彼に近づきたいなら、まずはおうちデート以外で距離を縮めていくのがおすすめ。

もしもおうちデートをすることになった場合は、注意点に気をつけて楽しいデートにしてくださいね。

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2018年7月20日~7月23日
調査人数:232人(22~39歳の働く男性)

(あん茉莉安)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2018年7月20日~7月23日
調査人数:232人(22~39歳の働く男性)

※この記事は2021年12月16日に公開されたものです

あん茉莉安

占い師、ライター。Twitterやさまざまな占いサイトから、人生を改善したい方へ日々占い結果をお届け中。

この著者の記事一覧 

SHARE