お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

会社への結婚報告はいつが正解? 報告の仕方を例文つきで解説

三上ナナエ(マナー講師)

結婚が決まったら、基本的には会社への報告が必要な場合が多いでしょう。この時、どのタイミングで報告すべきか、どんなふうに伝えるべきか気になりますよね。今回は、マナー講師の三上ナナエさんが、会社への結婚報告のマナーを紹介します。

結婚が決まったら会社への報告が必要な場合が多いです。結婚によって仕事への影響などがあるのか、周りは知っておく必要があるからです。

上司や同僚と良好な関係を保つためにも適切なタイミング、そして何を伝えるべきか整理しておきましょう。

せっかくのお祝い事が気まずくならないよう、結婚の伝え方や配慮のポイントを紹介します。

会社への結婚報告の前に決めておくべきポイント

会社への結婚報告の際は、ただ「結婚します」と言うだけではなく、仕事に影響が出る可能性がある部分について会社側に伝える必要があります。

上司からの質問に対して「まだ考えていません」と答えるのではなく、聞かれるであろうことを、あらかじめパートナーと相談してまとめておきましょう。

(1)仕事を続けるか、働き方の変更希望はあるか

結婚が決まったら、これまでと同じような働き方なのか時短希望なのかなど、どのようなスタイルで仕事を続けるのか考えをまとめておきます。

また、仕事を退職する場合は理由を考えておきましょう。

退職する場合の扶養について

夫側の扶養に入る場合などは夫の会社で事務手続きが必要になります。その際に提出する書類の準備が必要です。いつまでに提出するかも確認しておきましょう。

(2)結婚報告をするタイミング

会社に結婚報告する際は、一斉に報告するのが理想。風のうわさで上司の耳に入ってしまわないよう、どのタイミングで報告するべきか注意を払います。

特に、社内恋愛の場合はいつ報告するのかお互いの日程を合わせておきましょう。

(3)結婚式の有無

報告された側は、結婚式に招待されるのか気になります。そのため、結婚式をするのか、する場合は日取り、場所、ゲストは何人くらい招くかなどを話し合っておきます。

会社の人を結婚式に招待するかどうかを決めておきましょう。

次ページ:会社への結婚報告はいつするのがベスト?

SHARE