お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

TikTok(ティックトック)に年齢制限はある? 設定を間違えた時の対処法

moeka

TikTok(ティックトック)には年齢制限があり、アプリを利用できる年齢が決められています。そのため、登録時に誤った年齢設定してしまうと、その後の利用に影響も。この記事ではTikTokのを年齢制限について解説します。

TikTok(ティックトック)は利用できる年齢に制限があることをご存知でしょうか?

アカウント登録時に間違った設定をしてしまうと、思うように使えずに苦労する人もいるようです。

今回はTikTokを利用できる年齢と、誤って設定してしまった時の対処法などを紹介します。

TikTokの年齢制限は?

まずは、TikTokを利用できる年齢について見ていきましょう。

TikTokを利用できるのは13歳以上

TikTokのアカウントを登録するには年齢確認が必要で、13歳未満の人はサービスを利用することができません。

年齢を偽って登録した場合も、13歳未満であることが判明するとそのアカウントは削除される仕組みです。

また、16歳未満のユーザーアカウントでは、初期設定で非公開アカウントとして設定されるようになっています。

年齢制限を行う理由は「安全性の保護」

年齢制限を行う理由として、青少年のプライバシーや安全性の保護が挙げられます。

近年、SNSでのトラブルは増加しており、誹謗中傷などの危険性も。

そのため、青少年を守るためにTikTokでは年齢制限を設けているのです。

次ページ:TikTokで年齢設定を誤った場合の対処法

SHARE