お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

不成就日はどう過ごせばいい? やっていいこと・してはいけないこと

佐矢りん(sayareen)

「不成就日(ふじょうじゅび)」とはどんな日か知っていますか? 今回は不成就日の意味や由来、この日にやって良いこと、避けた方がいいことを紹介します。

何か重大なことをする日は、その日の縁起が気になるのではないでしょうか?

この記事では、不成就日の意味や、どんな過ごし方をするべき日なのかを解説しています。

お祝い事や大きな買い物を控えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

不成就日とは?

カレンダーに「不成就日」と書いてあるのを見たことがある人もいるのではないでしょうか?

ここでは、まず不成就日とはどんな日なのかを解説します。

「不成就日」は「何事もうまくいかない日」

不成就日とは、何をしても悪い結果に終わる日のことです。「ふじょうじゅび」または「ふじょうじゅにち」と読みます。

天赦日や一粒万倍日などの吉日と正反対の凶日で、何か行動を起こすには不向きな日と考えられています。

不成就日は「選日」の1つ

不成就日は「選日」の1つです。

暦の中でその日の運勢などを記載した事項のことを「暦注(れきちゅう)」といいます。暦注である六曜、十二直、二十八宿、九星、暦注下段、七曜以外のものを総称したものが「選日」です。

何も始めるにも良い日とされている「一粒万倍日」や、建築関係の凶日とされている「三隣亡」なども選日に含まれます。

不成就日の由来

日本では、平安時代から江戸時代の初期まで、「宣明暦(せんみょうれき)」という中国由来の暦が使われていました。

その後は日本独自の「貞享暦(じょうきょうれき)」が使われましたが、江戸時代には、貞享暦以外に、神社や地方で独自に使われた民間暦もたくさんありました。

不成就日が載っていたのは、地方で独自に作られた民間暦の1つ、会津暦とされています。

不成就日は、会津暦以外の民間暦にはほとんど記載されておらず、はっきりとした起源も分かっていません。当時はあまり一般的ではない凶日だった可能性があります。

しかし、会津暦以外ではほとんど記載が見られなかったにもかかわらず、不成就日はしっかり現代まで伝えられ、今では不成就日が記載されているカレンダーがたくさんあります。

次ページ:2021~2022年の不成就日カレンダー

SHARE