お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

フィッシュボーンは実は簡単? 初心者でもできる基本&応用アレンジ

kido airi

初心者もOK! フィッシュボーンの基本的なやり方

難しそうだからとフィッシュボーンに挑戦する前から諦めている方必見! フィッシュボーンは、やり方さえマスターしてしまえば初心者でも簡単にできる髪型です。

まずは基本のフィッシュボーンのやり方から見ていきましょう。

初めての方でもフィッシュボーンを作りやすいように、今回は全ての髪をサイドに持ってきたパターンで解説していきます。

手順1:髪を1つにまとめて2束に分ける

毛束の量が同じくらいになるように前後に分けます。

分ける時は持ち手の尖ったコームを使うと均等に分けることができ、仕上がりも格段と良くなるのでおすすめです。

手順2:毛束の外側1/4を反対側に併せる

2つに分けた毛束のうち顔に近い方(前)の毛束から外側4分の1を分け取り、毛束の上を通りながら後ろ側の毛束と併せます。

この時、持っていく毛束を少なくするとより細かい編み目になり、多くすると三つ編みのようなシルエットになります。毛束の量によってフィッシュボーンの形が変わるので、その日の気分やファッションにによって毛束の量を調整してください。

手順3:もう片方も同じように反対側に併せる

次にもう片方の後ろの毛束からも外側4分の1を分け取り、手前の毛束と併せていきます。この時も全ての毛束の上を通るように意識しましょう。これでワンセットが完了です。

分け取って反対側に持ってきた毛束同士がクロスした形になり、最初の2束に分けた状態に戻ります。

手順4:同じ手順を毛先まで繰り返す

手順1~3を繰り返していきます。

編んでいった毛束が崩れてしまわないように、指先を上手に使いながら力をかけてきっちりとタイトに編むのが上手に仕上げるポイントです。人差し指と親指を使って毛束をつまみ、反対側に持っていきましょう。

手順5:毛先をゴムで結ぶ

同じ工程を毛先まで交互に繰り返し、ゴムで結びます。フィッシュボーンはゆるみやすい髪型なので、崩れないようしっかり押さえながらきつめに結ぶようにしてください。

結ぶゴムをリボンなどのアクセサリーつきの物やシュシュにするとまた違った印象が楽しめます。シンプルに仕上げたいなら普通のゴム、おしゃれをしたい時はアクセントになるような物にするなど、その日の気分で選びましょう。

手順6:全体をほぐしたら完成

フィッシュボーンを編み終わりゴムで留めたら、指を使って毛束を引き出し全体をほぐしていきましょう。

そうすることで程よいボリューム感が生まれ、ふんわりとカジュアルな質感が演出できます。

編み目を上手にほぐすポイントは、外側の毛束から少しずつ引き出していくこと。繊細なニュアンスを崩さないように気をつけてください。フィッシュボーンの編み目をほぐし終わったら、髪のトップの部分も軽くほぐして完成です。

次ページ:フィッシュボーンを失敗しないためのポイント

SHARE