お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「堪える」の読み方は3つある! 正しい意味や使い方を解説

きゅーちゃん

「堪える」という漢字の正しい読み方を知らない人は以外と多いのではないでしょうか。たえる? こえる? こたえる? 今回は、「堪える」の正しい読み方と意味や日常の中での使い方や例文を併せて紹介します。

本を読んでいたら「堪える」という漢字が出てきた。なんとなく意味は分かるような気がするけど、読み方に自信がない、そんな経験はありませんか?

また、「堪える」は「持ち堪える」といった使い方で、「苦痛を我慢する」という意味で把握している人が多い傾向にあります。ですが、実はそれ以外にも意味を持っているのです。

今回は「堪える」の3つの読み方や、それぞれの意味、日常での使い方をご紹介します。

「堪える」の正しい読み方は? それぞれの意味

堪えるには3つの読み方があり、それぞれ意味も異なります。しかし、全て送り仮名が同じなので、きちんと意味を理解していないと、読み間違えてしまうことも。

ビジネスシーンなどでも使いこなせるよう例文もご紹介しますので、ぜひ理解を深めて、日常でも使ってみてください。

堪える(こたえる)の意味と例文

堪える(こたえる)は、「その状態を保ち続けることができる」という意味を持ちます。

「持ち堪える」という言葉はよく聞きますよね。簡単にいうと、「我慢する」という意味です。

また、「堪えられない」という表現になることで「我慢できない」という意味が転じて「大変こころよい」という意味になります。

そのため、「堪えられない」で「その状態を保ちつづけられない」、つまり「気持ちが抑えられないほど、たまらなく素敵だ」という意味でも使われます。

「堪えられない美味しさ」などと使われ、「一度味わってしまうとやめることができない」という意味合いで使用されることもあります。

堪える(こらえる)の意味と例文

堪える(こらえる)は、「苦痛や不快な気持ちを我慢する」という意味です。

怒った人を止めようとする場面で、「こらえて」ということがしばしばありますが、その「こらえる」は「堪える」という漢字をあてます。「怒りを堪える」だと「怒りの感情を抑え、表に出さない」の意味です。

また、「堪え切れない寒さ」などの使い方をします。

堪える(たえる)の意味と例文

「堪える(たえる)」の意味は3つあります。

(1)「苦しみやつらさ、退屈なことなどを我慢する」という意味で、「傷の痛みに堪える」「屈辱に堪える」などと使います。

(2)「強い刺激や外部からの力にへこたれず、持ち堪える能力をもつ」という意味で、「高温に堪える」「~の任に堪える(=~の仕事を任せることができる)」などの使い方をします。

(3)「退屈したり、途中で放棄したりせずに最後までその事を続けられる」という意味で、「鑑賞に堪える」「文学上の表現に堪える日本語」などの使い方をします。

また、「見るに堪えない」「聞くに堪えない」などとして、不快に感じ、見ていられない、聞いていられないという使われ方もします。これは日常でもよく聞く言葉ですね。

その他にも、「感に堪えない」という使われ方もされ、これは「とても感動し、心からその気持ちを表に出さずにはいられない」という肯定的な意味を持ちます。

次ページ:「堪える」と同じ読みをする言葉類語

SHARE