お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「堪える」の読み方は3つある! 正しい意味や使い方を解説

きゅーちゃん

「堪える」と同じ読みをする言葉類語

続いて、堪えるの類語をご紹介します。同じ読み方をするものが多いので、しっかりと理解していきましょう。

また、「堪」の字を使った熟語も解説していきます。意外と使ったことのある熟語で驚くかもしれませんよ。

「堪える(こたえる)」と「応える」「答える」の違いは?

「応える」は「働きかけに対して、それに添うような反応を示す」という意味で、「期待に応える」「要求に応える」といった使われ方をします。

他にも、「外からの刺激を身に強く感じる」という意味もあり、「寒さが身に応える」「父の死が応えた」「人の親切が骨身に応えた」などと使います。

一方、「答える」は、「相手からかけられた言葉に対して返事をする」や「質問や問題に対して回答を出す」という意味を持っており、「元気よく答える」や「設問に答える」といった意味で使われます。

「堪える(こたえる)」には「反応を示す」という意味はないので、3つともそれぞれ意味が異なるとわかります。

「堪える(たえる)」と「耐える」の違いは?

「耐える」は堪えるの2つ目の意味と同じ意味です。どちらも「外部からの力に屈せず、じっと我慢する」という意味。

しかし、「乏しさに堪え、研究を続けた」など、将来に希望をもって我慢する、という場面では、「耐える」ではなく、「堪える」を使う場合が多い傾向にあります。

「堪える」の方が、「耐える」よりも広義な意味をもっていることが分かります。

「堪」を使った熟語

「堪」を用いた熟語としては、「堪忍(かんにん)」や「堪能(たんのう)」があります。

「堪忍」は、怒りを我慢して、他人の過ちを許すという意味です。「堪忍してください」で「許してください」という意味合いになります。大阪など、関西の方では、砕けた言い方でよく使われる言葉ですね。

「堪忍袋の緒が切れる」ということわざがありますが、これは、我慢できる許容量を超えて、怒りが爆発することの例えとして使われます。併せて覚えておきましょう。

また「堪能」は、仕事などの能力が優れている、十分に味わって満足するという意味です。前者では、「英会話に堪能な社員」という使われ方、後者では、「料理を堪能した」という使われ方をします。

次ページ:堪えるの英語表現

SHARE