お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「さもありなん」の意味や類語とは? 使い方を例文つきで解説

Ricca

難しそうな響きを持つ言葉「さもありなん」は、古語から派生した言葉です。その意味をきちんと知っている人はそう多くないはず。今回は「さもありなん」の意味や語源をはじめ、具体的な使い方について解説します。

古語から派生した言葉の「さもありなん」は、日常会話で使われることはそう多くない言葉ですよね。

今回は「さもありなん」の意味や漢字での表記方法、具体的な使い方などについて解説していきます。

「さもありなん」の意味や語源

まずは「さもありなん」の意味や漢字での表記方法、そして語源について紹介します。

「さもありなん」の意味

「さもありなん」を方言と勘違いしている方も多いですが、実は古語の名残りとして使われている慣用句です。

「さもありなん」の意味は以下の通りです。

・当然であろう

・そうであろう

・そうであってもおかしくない

・もっともなことだ

上記の通り、ある状況や状態を指して「そうであっても不思議ではない」というニュアンスを持つ言葉です。

漢字表記では「然もありなん」

「さもありなん」を漢字表記にすると、「然もありなん」となります。

「その状態・状況になるのは然る(しかる)べきこと」と表現されることから、漢字表記では「然」が使用されています。

「そうなることが当然」と考えると覚えやすいでしょう。

「さもありなん」の語源

さもありなんは「さ」「も」「あり」「な」「む」という副詞や助詞などが組み合わさって成り立つ言葉です。

「さ」:副詞「そう・そのように」

「も」:係助詞

「あり」:補助動詞

「な」:完了の助動詞の未然形

「ん(む)」:推量の助動詞

平安時代から使われていた言葉で、紫式部の『源氏物語』でもこの「さもありなん」という言葉が使用されています。

次ページ:「さもありなん」の使い方

SHARE