お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

短文or長文? 友人間のLINEで悩まないためには

#犬山の遠吠え!やってまーす

犬山紙子

エッセイスト・TVコメンテーターとして活躍する犬山紙子さんが、恋愛・人間関係・趣味などあらゆるテーマで語るラジオ『犬山の遠吠え!やってまーす』。本連載では番組内のトークを言葉にし、音声と共にお届けします。今回は2021年6月18日放送分から。

『犬山の遠吠え!やってまーす』今回の番組トーク音声はこちら

こんばんは、犬山紙子です。

今回もリスナーさんからのお便りを紹介していきます。

犬山さん、こんばんは。

犬山さんもLINEを日々使われていると思うのですが、私は会話形式のような短文のやり取りが苦手で、それを延々と繰り返す女友達に対して、怒りを覚えることがあります。

私は要点を明確にして、とにかく手短に会話を終わらせたいタイプです。

相手に質問する時は、聞きたいことと、なぜそれを聞きたいのか、回答として有無はどちらか、というのをしっかりまとめた文章を送るので「長いよ!」と言われてしまいます。

犬山さんはLINEのやり取りを普段どのようにされていますか? 長い文章は疲れてしまいますでしょうか?

私も結構LINEは短く細切れに送る方かもしれないですね。なので、相談者さんにめっちゃ怒られると思います(笑)。

逆に、LINEで長文が来ると「長文が来た!」って身構えちゃいます。

短文LINEを送る人の特徴

私みたいに短文LINEを送り続ける人って、相手にかまってほしかったり、会話の時間を共有したかったりするんですよね。電話感覚で話しかけちゃうんです。

でも相談者さんは、LINEをメールのように使いたい合理的なタイプなんでしょうね。

これはもう、相手に伝えるしかないですね。短文が送られてきたら「まとめて送れ!」みたいなスタンプで返すとか(笑)。

世代が違う相手に送るスタンプは?

恋愛でも「この人いいな」と思っても、LINEのやり取りがしっくりこないとフェードアウトするとかもありそうですよね。「え、何このスタンプ!」とかあるのかな(笑)。

ちなみに、私は人によって使うLINEスタンプを変えます。

家族には、実家で飼っている犬を描いた自作のスタンプ。オタク友達には、推しが描かれているスタンプ。

だけど、下の世代の方に送るスタンプでいつも迷いますね(笑)。最近マネージャーさんが変わって、20代の女性になったんですけど、どのスタンプを使ったらええんや……と!

前のマネージャーさんも若い男性だったんですけど、その子は自分の世代じゃないのに、私に気を使ってドラゴンボールのスタンプを送ってくれたりしました。カラオケで渋谷系を歌われるくらいの気の使い方(笑)!

本当に、年下の子は私に気を使わないでほしい。逆に私も気を使わずに、幽遊白書の戸愚呂のスタンプとか送りますので(笑)。

ラジオ番組『犬山の遠吠え!やってまーす』最新のトークはこちら

毎週木曜日、深夜0時30分からMBSラジオ(AM1179/FM90.6)で放送する他、アプリやネットで楽しめる「radiko」でも生配信。また、過去の放送は音声配信サービス「Radiotalk」で聞くことができます。

(トーク:犬山紙子、文:高橋千里)

※この記事は2021年07月10日に公開されたものです

犬山紙子

1981年生まれ。エッセイスト。美人なのになぜか恋愛が上手くいかない女性たちのエピソードを綴ったイラストエッセイ『負け美女』(マガジンハウス)で作家デビュー、女性観察の名手として注目を浴びる。SPA!やananなどで連載中。「スッキリ!」、「みんなのニュース」などコメンテーターとしても活躍する。

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#犬山の遠吠え!やってまーす」をもっと見る

MORE

SHARE