お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「おかのした」の意味とは? 語源と正しい使い方

ひらり

最近よくネットで目にする「おかのした」という言葉の意味や語源をご存知でしょうか? 何となく意味は分かっているけれど、どのように使うのかがいまいち分からない方のために、本記事では「おかのした」の正しい使い方徹底解説します。

最近ネットの掲示板やSNSなどでよく見かける、「おかのした」という言葉の意味をご存知でしょうか? 周りが使っているから知っているという方や、何となく使っているという方も少なくないはずです。

そこで今回は、「おかのした」の意味や正しい使い方を徹底解説します。意外と知られていないおかのしたの語源やルーツ、そして類義語や対義語も併せて紹介しますので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

「おかのした」の意味や語源とは?

ここからはネットスラングである「おかのした」の意味と語源について詳しく探っていきましょう。

「おかのした」の意味とは?

おかのしたとは、「分かりました」という了承を表す言葉で、ネット上で頻繁に使用されるスラングの1つです。

しかし、この「おかのした」という言葉は、使い方や使う場所を間違ってしまうと、相手を不快な気持ちにさせてしまうことも……。その詳しい理由については後ほど解説していきます。

「おかのした」の語源とは?

「おかのした」とは、ネットスラングの中でも少々独特な派生を持つ言葉だということをご存知でしょうか? 実は、男性カップルのアダルト動画に出てきた発言が由来となって作られたフレーズなのです。

男性同士のカップルが愛し合っている最中、「わかりました」と発言したところ「おかのした」と言っているように聞こえたことがきっかけとなり、ネット上で「おかのした」という言葉が瞬く間に広まっていったのです。

ネットスラングに詳しい方でなければ語源について知っている方は少ないと思いますが、使う場所や使い方には注意が必要だということを頭に入れておきましょう。

次ページ:おかのしたの正しい使い方を例文でチェック!

SHARE