お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「ネガキャン」とは? 意味や使い方、類語・対義語を紹介

武田 麻希

「ネガキャン」とは、「ネガティブキャンペーン」の省略形として使われる言葉です。その意味を正しく理解できていますか? 今回は、「ネガキャン」の意味や使い方、類義語などを紹介します。

「ネガキャン」とは、「ネガティブキャンペーン」の省略形として、主に若者世代で使われている言葉です。

ネットでよく使われる言葉でもありますが、その意味や使い方をよく知らないという人もいるのではないでしょうか。

今回はそんな「ネガキャン」の意味や使い方を紹介します。

「ネガキャン」の意味と語源

「ネガキャン」は、「ネガティブキャンペーン」を省略した言い回しとしてよく使われます。

ネガティブキャンペーン【negative campaign】

ネガティブアドなどをからめて行う、選挙のライバル候補や他社商品に対する徹底的な誹謗中傷キャンペーン。ネガキャン。

(『デジタル大辞泉』小学館)

上記のことからも分かるように、「ネガキャン」はライバルのイメージを下げようとすることを示すため、あまり良い意味では使われません。

本来は選挙用語として使われる言葉

前述の通り、「ネガキャン」は「ネガティブキャンペーン」の省略形であり、元々は選挙用語でした。

対立候補の欠点を指摘したり誹謗中傷したりして、相手のイメージを下げて相対的な自分のイメージを上げる選挙運動のことを指しています。

「ネガティブキャンペーン」の語源は英語の「negative campaign」

英語の「negative campaign」が「ネガティブキャンペーン」の語源です。

「negative」には「否定的な」という意味があり、「campaign」には「政治運動」という意味があることから、「否定的な政治運動」という意味で使われます。

車業界では「ネガティブキャンバー」の省略言葉

車業界では、「ネガキャン」は「ネガティブキャンバー」の省略形として使われることがあります。

「ネガティブキャンバー」とは、車を正面から見た時に左右のタイヤが「ハ」の字に傾いている状態のことで、車を改造する時に使われる言葉です。

次ページ:「ネガキャン」の使い方と例文

SHARE