お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

バイブスとは何? 意味と使い方を例文で解説

kirara

若者世代を中心に使われている「バイブス」。英語で言う「vibration」が由来になっており、テンションやノリ、雰囲気を表す言葉です。今回は、若者言葉に詳しいライター・kiraraさんが、「バイブス」の意味や正しい使い方を紹介します。

若い世代の間で使われる「バイブス」という言葉。

「バイブスぶち上げ」など、メディアで見聞きしたこともあるのでは?

言葉の文脈からなんとなく理解していても、本当はどんな意味があるのか分からないという人も少なくないのではないでしょうか。

そこで本記事では、「バイブス」の意味や使い方、具体例などを取り上げて解説していくのでぜひ参考にしてみてください。

バイブス(ばいぶす)とは?

「バイブス」とは、2013年に『ギャル流行語TOP10』の1位に選ばれた言葉です。

それをきっかけにさまざまなところで中興し、耳にする機会が増えたからこそ、今更どんな意味なのか聞けない人も多いですよね。

そこで、まずは「バイブス」の意味から言葉の理解を深めていきましょう。

「自分の気分」を表す言葉

「バイブス」とは、「テンション」や「ノリ」「雰囲気」を表す言葉。

「バイブスが上がる」なら「気分やテンションが上がる」といった意味合いになり、「今の自分の気分」を表すのにぴったりの表現となります。

そのため、「バイブス」を用いた表現を見たり聞いたりした場合は、その対象が喜んでいるのか落ち込んでいるのかなど、気持ちの推移を前提にしておくと、意味を読み取りやすくなりますよ。

「バイブス」と「テンション」の違い

「バイブスが上がる」も「テンションが上がる」もほとんど同じ意味で使用している人が多いでしょう。

しかし厳密には、バイブスとは雰囲気のこと、テンションとは精神的な緊張を表します。英語圏では、「テンション(tension)」を緊張や不安など、ネガティブな意味で認識される場合が多いです。

日本では「バイブス」も「テンション」も混同されがちですが、元々の単語の意味は異なることを覚えておきましょう。

バイブスの由来

「バイブス」の由来となっているのは、英語の「vibration」です。

「バイブレーション機能」のように、「vibration」は「振動」を表す言葉ですが、実は「心を動かすこと」「感情」という意味もあり、ここから「バイブス」という言葉が生まれました。

また、「バイブス」はレゲエやヒップホップなどのクラブ音楽界で使われており、当初から「テンション」や「ノリ」といった意味で、英語圏でもなじみ深い言葉でした。

そのため、使い方や意味はとても英語に近く、クラブなどでは国境を超えてコミュニケーションが取りやすい言葉ともいえるでしょう。

英語では「vibes」と表記する

英語のスラングとしては、由来となる単語「vibration」を省略し、複数形にした「vibes」という形で表記されます。

日本語のスラングと同じように、雰囲気やノリといった意味を表す言葉です。

特定の意味に縛られない

「バイブス」は、「テンション」や「ノリ」、「気分」「雰囲気」「やる気」などの意味を持ちます。

そのため、「バイブス」が使われているシーンや対象から、どんな意味を表しているのかを推測する必要があるのです。

一方で、「バイブス」は特定の意味に縛られない言葉でもあるため、どのように使っても失敗とはいえず、自信を持って使うことが重要といえます。

次ページ:「バイブス」を使った例文

SHARE