お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「オブザーバー」の意味とは? 使い方や類語・対義語などを解説

Sai

「オブザーバー」の類語

言葉の意味をより深く理解したり使い方のポイントを把握したりするためには、類語を知ることが非常に効果的です。

「オブザーバー」にも似たような意味を持つ類語がいくつかあるので、それぞれの意味や「オブザーバー」との使い分けの仕方などを確認しておきましょう。

「アドバイザー」

「助言者」や「忠告者」という意味を持つ「アドバイザー」という言葉。

「オブザーバー」と同じく会議や研修などでよく使われる言葉のため、意味を混同しがちな人は多いでしょう。

しかし、「アドバイザー」は会議の参加者たちから積極的な助言や忠告を求められるため、傍観者である「オブザーバー」とは役割が明確に異なっています。

会議などに介入できるかどうか、また進行に関与する意見が言えるかどうかという点に着目すると、2つの言葉の違いが分かりやすくなるでしょう。

「コメンテーター」

「解説者」という意味合いの「コメンテーター」も「オブザーバー」と間違えやすい単語ですが、2つの言葉が使われるシーンやそれぞれのニュアンスを理解すると、その違いがよく分かります。

「コメンテーター」は基本的にニュースやワイドショーなどで解説をする人のことを指しており、「オブザーバー」のように会議等で使われることはあまりありません。

また、「オブザーバー」があくまでその場の傍観者である一方、解説者である「コメンテーター」は発言が多くなることが予想されます。

一度意味を把握してしまえば使い分けしやすい言葉なので、この機会にしっかり理解しておきましょう。

次ページ:「オブザーバー」の対義語

SHARE