お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「オブザーバー」の意味とは? 使い方や類語・対義語などを解説

Sai

「オブザーバー」の意味を、正確に理解できていますか? なじみの薄いカタカナ語のため、あいまいな使い方をしている人は少なくないでしょう。今回はビジネス系ライターのSaiさんに、意味や正しい使い方、類語や対義語などを解説してもらいます。

会議や研修などでよく使われる「オブザーバー」という言葉。ビジネスシーンだけでなくニュースなどで見聞きする人も多いかもしれませんが、正しく理解できているでしょうか?

今回は、「オブザーバー」の場面別の意味やビジネスシーンにおける使い方を解説。また、類語との意味の違いや対義語など、言葉をより深く理解するためのポイントも併せてお伝えします。

「オブザーバー」の語源や意味は?

まずは、「オブザーバー」という言葉の語源や意味を確認してみましょう。

語源は英語「observer」

「オブザーバー」は、「第三者」や「観察者」「立会人」という意味の英単語「observer」を語源とするカタカナ語です。

「observer」は、「観察する」「監視する」という意味の動詞「observe」に「動作をする人」を意味する「er」を付けた名詞で、「a close observer(注意深い観察者)」のように形容詞の後に続く形で使われることが多いです。

「オブザーバー」の意味は「傍聴者」「立会人」

さまざまな意味を持つ英単語「observer」ですが、カタカナ語「オブザーバー」は「傍観者」や「立会人」の意味で頻繁に使用されています。

例えば、会議などで投票権や議決権などは持っていないものの、参加者を観察したり傍聴したりする人のことを「オブザーバー」と呼びます。

場面や分野によって多少意味合いが異なる

主に「傍観者」や「立会人」という意味で使用される「オブザーバー」ですが、使われる場面や分野によって多少意味合いが異なります。

誤用を避けるためにも、それぞれのシーンにおける意味を詳しく確認しておきましょう。

ビジネスシーンでは「傍聴者」「監視者」

ビジネスシーンにおける「オブザーバー」は、主に会議や研修などの場面で「傍聴者」や「監視者」を意味する言葉として使用されています。

例えば、会議などがスムーズに行われるように参加させた第三者や、研修などを客観的に観察する目的で参加している人などを「オブザーバー」と呼び、多くの場合発言権は持たず進行を観察する役割を担います。

国連では「正式加盟していない国が会議に参加すること」

「オブザーバー」は国連においても頻繁に使用される言葉で、「国連に正式加盟していない国・機構が、国連の会議や討議に参加すること」を表しています。

例えば、バチカン市国などが国連総会などへの出席を認められた国として知られており、参加中は発言や提案も認められている点が特徴です。

また、国だけではなく政府間機構なども国連の監視団として参加を容認されており、パレスチナ解放機構(PLO)などが代表的なオブザーバー参加団体となっています。

ゴルフでは「審判員を補佐する人」

会議や国連などのフォーマルな場で頻繁に使用される「オブザーバー」ですが、実はゴルフにおいても使われている言葉です。

この場合は「審判員を補佐する人」の意味を持っており、競技の判定が難しい場合に手助けをしたり、プレーヤーのルール違反を審査員に報告したりする役割を担っています。

日本の競技大会では「オブザーバー」が選任されない場合もある一方で、企業のコンペなどでは社員が「オブザーバー」として選任されることもあります。

次ページ:ビジネスシーンにおける「オブザーバー」の使い方(例文付き)

SHARE