お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

フィードバックとは? 意味や役割、メリットまで詳しく解説

上色ゆるり

「フィードバックってどんな意味?」と聞かれて、正しく説明できますか。よく聞く割には詳しく知らないという人のために、今回は、外来語に詳しいライターの上色ゆるりさんに、フィードバックとは何なのかを詳しく解説してもらいました。

「フィードバックをお願いします」「フィードバックしたので確認してください」というように、「フィードバック」はビジネスシーンでよく使われている単語です。

しかし、きちんと意味を知っている人、正しく使えていると自信を持って言える人は、意外と少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、フィードバックとは何なのか、意味を詳しく解説します。

フィードバックのメリットや役割、注意すべきポイントなども紹介しますので、ぜひ仕事に役立ててくださいね。

フィードバックとはどういう意味?

そもそも「フィードバック」とはどのような意味なのでしょうか。

まずは単語の本来の意味や、ビジネスで使う場合の意味について見ていきましょう。

また、似たような言葉で、混同して覚えてしまいがちな「レビュー」との違いについても解説していきます。

フィードバックは「物事の結果に応じて調整すること」

フィードバックとは、「物事の結果に応じて、調整すること」や「感想」「意見」を指します。辞書を引いてみると、以下のように記されています。

フィードバック

物事への反応や結果をみて、改良・調整を加えること。

(『デジタル大辞泉』小学館)

フィードバックの語源は、“食べ物を与える”という意味の「feed」と、“戻す”という意味の「back」を組み合わせた、英単語の「feedback」から来ています。

feedback

(1)<電気・コンピューター>出力の一部が入力側に戻り、出力を調整する操作
(2)<生物・心・社会>ある動作・行為に対する結果や反応
(3)(消費者などからの)反応、意見、声

(『Eゲイト英和辞典』)

英語の「feedback」は、IT用語としての意味も含まれますが、外来語としての「フィードバック」は、結果や反応、意見を指して使われる場合がほとんどです。

ビジネスにおいてのフィードバックとは?

ビジネスシーンで使われる「フィードバック」には、2つの意味があります。

まず1つは、商品やサービスに対する、消費者からの反応、意見、感想という意味。「カスタマーフィードバック」と呼ばれる場合もあります。

もう1つは、人に対する評価、意見という意味。ビジネスでは主に、社員の仕事への姿勢や振る舞いなどに評価することを指します。

レビューとの違いは?

「批評・評論」を指す「レビュー」。フィードバックと意味が少し似ており、混同してしまいやすい言葉の1つです。

2つの単語の違いは、アドバイスや助言が含まれているかどうか。

フィードバックには、改善へと導くアドバイス、助言などの行動が含まれていますが、レビューは単純に感想を述べる、評価するだけといったニュアンスです。

人を教育するには、ただ評価するだけ、感想を述べるだけでは不十分。どのような点を、どのように改善すると良いのかアドバイスする必要があるので、人材育成には、レビューよりフィードバックを取り入れることが多いようです。

次ページ:フィードバックの種類と具体的な方法

SHARE