お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

管理職に必要な「マネジメント能力」とは。向上させるコツ

ぱぴこ

「管理職になりたいならマネジメント能力が必要だよ」なんて言われたことがないでしょうか? マネジメント能力とは一体なんなのでしょう。外資系OLコラムニストのぱぴこさんに、マネジメント能力の正体とそれを向上させるコツについて教えてもらいました。

「管理職にはマネジメント能力が必要」と、よく言われます。アラサーで管理職が目標に入ってくる人は多く、上司との面談で「マネジメント能力を付けていきましょう」とか「何人かを率いる経験が必要」とか言われるのではないでしょうか?

日本能率協会の『日本企業の経営課題2019』調査での、「組織・人事領域で重視する課題」では、最も重視する課題として「管理職層(ミドル)のマネジメント能力向上」が1位として挙がっています。

ここからも分かるように、多くの企業が「マネジメント能力」を課題としているのです。

 マネジメント能力とは何か?

重要課題と位置付けられるマネジメント能力ですが、コミュニケーション能力と同じくらい「ビジネス曖昧語」ともいえます。

「マネジメント能力が必要」と言ってる上司本人にマネジメント能力が無いのでは? なんてことはよくあります。

そんなビジネス曖昧語代表選手である「マネジメント能力」ですが、いったいどんな能力のことを指しているのか確認しましょう。

マネジメントスキルとは、対象を管理するスキルを意味する言葉です。これだけではしっくりこないですね。

管理対象は、ただ人や物に限らず、部下の教育や目標を達成するための人材配置、また事業全体の成功や収益増大も含まれます。どの程度大きな範囲を管轄するかは、その人のスキルや職位に依存します。

逆にいうと「マネジメント能力」といったときに「いったい何を、どう管理・達成することなのか?」を明確にしないと、曖昧な言葉に踊らされ続けることになります。

上司が期待する役割と職位で期待される役割は、個々の状況によって変わるからです。

次ページ:診断しよう! マネジメント能力がある人の特徴

SHARE