お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

モラトリアムとは? 心理学における正しい意味を解説

秋カヲリ

モラトリアムとは、「アイデンティティの確立を先延ばしにする心理的な猶予期間」を意味します。今回は、心理カウンセラーの秋カヲリさんに、モラトリアムの意味や概念について解説してもらいます。

モラトリアムという言葉は「怠けている」「働かない」といったネガティブな意味に捉えられがちですが、大人になるために必要な過程でもあります。

今回はモラトリアムについて、その意味や概念を解説します。

モラトリアムとは?

まずは、モラトリアムの意味について見ていきましょう。

モラトリアムとは「アイデンティティ確立のための猶予期間」

モラトリアムとは、もともと経済用語で、本来は「借金返済までの猶予期間」のことを指します。

そのため、「怠けている」というようなネガティブな意味は含まれていません。

「猶予期間」という意味から転じて、心理学では「社会的責任を逃れてアイデンティティ確立のためにゆっくり試行錯誤できる猶予期間」という意味で使われます。

主に10歳前後~30歳前後の青年期における重要な概念として用いられています。

モラトリアムは成長する上で欠かせない期間

モラトリアムには「本来取り組むべき課題を先延ばしにしている」というネガティブなイメージを持つ人も多いでしょう。

しかし、心が成長してアイデンティティを確立しようとしているからこそ生まれる心の揺らぎであり、大人になる過程で誰しもが経験するもの。

停滞するモラトリアム期は、ジャンプする前のしゃがむ動作のようなものなのです。一見「怠けている」ように思えるモラトリアムも、成長には欠かせません。

心身共に子どもから大人へと移行するはざまの時期である青年期は、「アイデンティティ確立を模索する心理的モラトリアムの時期」ともいわれています。

モラトリアムを肯定的に理解して、「自分は何者であるか」という問いとしっかり向き合うことで、精神が発達し人として成熟していきます。

次ページ:アイデンティティ拡散症候群とは?

SHARE