お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

単純接触効果とは? ビジネスや恋愛で使える心理テクニック

服部希美(心理カウンセラー)

単純接触効果とは、会う回数を増やして好印象を与える効果のこと。営業やマーケティングなどのビジネスや、恋愛で活用できます。心理カウンセラーの服部希美さんが、単純接触効果の具体例を解説。併せて、マイナスな効果を生まないための注意点も紹介します。

「単純接触効果」とは、何度も相手と接触することで仕事相手に良い印象を与えたり、好きな人に振り向いてもらえたりする現象のこと。

この効果を上手に活用すれば、ビジネスや恋愛を有利に進めることができるかもしれません。

この記事では、単純接触効果の具体例や使い方をお伝えします。併せて、マイナスな効果を生み出す可能性がある注意点も紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

単純接触効果とは? 意味と実際の効果

単純接触効果とは、初めは興味がなかったものを何度も見たり聞いたりすることで、だんだん良い感情を抱くようになる効果のことを言います。

アメリカの心理学者ロバート・ザイアンスが提唱したため「ザイアンスの法則」とも呼ばれています。

どうしてこの効果が起きるのかは諸説あり、今でも世界中で研究され続けている効果の一つです。

例えば、こんな経験はありませんか?

・見慣れた故郷の風景を見るとホッとする。

・それほど興味がなかった曲なのに、街中やCMで流れているのを聞いているうちに、思わずダウンロードしてしまった。いつの間にか鼻歌を歌っていた。

こうした経験は、単純接触効果が働いて起こったものかもしれません。

また、単純接触効果は物だけではなく、人や匂いなどにも効果が現れます。

同じ人と何度も接触しているうちに相手の警戒心を解き、親しみが湧くという効果も期待できますから、仲良くなりたい相手と会う回数を増やすと、好意や信頼を得やすくなると言われているのですね。

次ページ:単純接触効果の具体的な活用例

SHARE