お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

With(ウィズ)でブロックする・されるとどうなる? ブロックの注意点も紹介

マッチングアプリ虎の巻【with編】

丸山りさ(まる)

withでブロックされる理由

マッチングアプリでブロックをする・されるのは何かしら理由があるからです。

出会いを探す場所でブロックされるのは避けたいでしょう。

そこで、最後にブロックされる理由を解説します。

(1)知り合いだったから

マッチング前にブロックする理由として多いのが「知り合いだった」という場合ではないでしょうか。

withは人気マッチングアプリのため利用者も多く、知り合いを見つけてしまうことも。

マッチング前に見つかればいいのですが、中にはマッチング後に「実は知り合いだった」と判明するケースもあります。

ブロックもおすすめですが、withで身バレ対策がしたいならFacebookを利用して登録するのがおすすめです。

Facebookでつながっている友だちには、withで自分が表示されない仕組みになっています。

(2)話が合わないから

「話が合わない」「会話がつまらない」と思われるとブロックされることも。

マッチングアプリでは、複数の人と同時にメッセージのやりとりをすることも多いため、話が合わないとスルーされてしまうことが多々あります。

そして、本当にやりとりをしたい相手とのメッセージに集中するため、それ以外の人をブロックするユーザーもいます。

(3)下ネタや卑猥な言葉などを送ったから

メッセージで下ネタや卑猥な言葉などを送る人も中にはいます。

こういった類のメッセージを非常に不快に感じる人は多いです。

いくらメッセージで仲良くなったとしても、会ったこともない相手から下ネタや卑猥なメッセージがくるとブロックしたくなるもの。

自分からすれば軽口のつもりであったとしても、嫌がられることが多いのでやめておきましょう。

(4)高圧的な口調やタメ口で話しているから

メッセージがなれなれしかったり、最初からタメ口だったりすると印象は良くありません。

人によってはそれだけでブロック対象になることもあります。

また、連絡先や個人情報をしつこく聞いてくる人もブロックの対象にされやすいので注意しましょう。

(5)連絡がしつこいから

相手からの返信を待つことなく、連投でメッセージを送る人も悪い印象を持たれやすいでしょう。

中には一度もメッセージが返ってきていないのに、「あれ?」「メッセージ見てる?」というメッセージを送る人も。

「重くて怖い」と思われる可能性も高いので、相手から返信が来るのを辛抱強く待ちましょう。

withのブロック機能はよく考えて使おう!

withのブロック機能について解説しました。

ブロックは、関わりたくない相手と相互に表示を消すことができ、コンタクトを取ることができなくなるため便利な機能ではあります。

しかし、一度ブロックすると解除できないため、むやみに使うのはおすすめしません。

あまりに非常識な相手など、二度と表示させたくない相手にのみ使いましょう。

(まる)

関連する診断もあわせてチェック!

【繊細度診断】実は傷つきやすい性格?

※画像はイメージです

※使用例の画像はイメージであり、実際のスクリーンショット画面ではございません

※この記事は2021年06月14日に公開されたものです

丸山りさ(まる)

キャバ嬢歴6年のアラサーフリーライター。エステティシャン経験もあり、美容にも関心がある。
人に優しく、自分にも優しくがモットー。さまざまな国の男性との交際経験を元に、恋愛コラム、夜遊び系コラムなどを執筆中。

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「マッチングアプリ虎の巻【with編】」をもっと見る

MORE

SHARE