お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【心理学】カタルシス効果とは? 意味や活用例をわかりやすく紹介

秋カヲリ

「カタルシス効果」を知っていますか? 「カタルシス」とは「浄化」を意味します。カタルシス効果は精神の浄化作用のことで、心のモヤモヤを解放してすっきりさせる状態を指します。心理カウンセラーの秋カヲリさんに、カタルシス効果の意味や活用例を解説してもらいます。

心理学を用いたカウンセリングでは、患者にアドバイスをするよりも、患者自身がモヤモヤした心をすっきりさせる「カタルシス効果」がよく活用されます。

カタルシス効果は、恋愛や仕事などの日常生活でも活用できるため、効果や使い方を知っておくと自分の感情と付き合いやすくなり、ストレス社会でも生きやすくなります。

今回はカタルシス効果の意味、カタルシス効果が起こるシーンや上手な使い方までを解説します。

カタルシス効果の意味は?

まずは、カタルシス効果の意味について見ていきましょう。

カタルシス効果とは「心のモヤモヤを解放させること」

「カタルシス効果」の「カタルシス」とは、「浄化」のことです。

カタルシス効果とは、精神の浄化作用のことで、心の中にあるモヤモヤを解放してすっきりさせる状態を意味します。

カタルシス効果は、オーストリアの精神科医であるシグムント・フロイトの精神分析療法として活用されるようになりました。

怒りや悲しみなど、ネガティブな感情を自分の心の中で抑え込むと、かえって強いストレスを感じるようになります。

反対に、家族や友人に愚痴として話すなど自由に表現した方がラクになり、立ち直りが早くなるのです。

そのため心理カウンセリングの治療でも患者との信頼関係を構築し、患者が本音や悩みを打ち明けやすい環境をつくることが重視されています。

次ページ:カタルシス効果はどういう時に起こる?

SHARE